ズームが15倍に向上、1型センサー搭載のスリムデジカメ「LUMIX TX2」

マイナビニュース / 2018年2月14日 13時10分

写真

画像提供:マイナビニュース

パナソニックは2月14日、1.0型の高感度MOSセンサーを搭載したスリムタイプの高倍率ズームデジカメ「LUMIX DC-TX2」(以下、「LUMIX TX2」)を発表した。従来モデル「LUMIX DMC-TX1」とほぼ同等サイズのサイズを維持しながら、レンズのズーム倍率を従来の光学10倍から光学15倍に高めたのが特徴。内蔵EVF(電子ビューファインダー)の見やすさも高めた。3月15日発売。価格はオープンで、予想実売価格は税別10万円前後の見込み。

LUMIX TX2の特徴として挙げられるのが、「小型軽量ながら高倍率と高画質を両立」、「高い操作性」、そして「進化した30コマ/秒連写の4Kフォト」だ。
○【特徴1】レンズのズーム倍率を15倍にアップ

LUMIX TX2の本体サイズはW111.2×H66.4×D45.2mmで、2016年3月発売の従来モデル「LUMIX TX1」(W110.5×H64.5×D44.3mm)とほぼ同等のコンパクトさを維持。それでいながら、レンズのズーム倍率を従来の光学10倍から光学15倍(35mm判換算で24-360mm相当、F3.3-6.4)に高めたのが特徴。広角24mm相当から最大360mmの超望遠撮影までを1台でカバーでき、近づいて撮影できない被写体も大写しで記録できる。風景、人物、動物、スポーツなどの撮影にも最適だ。最短撮影距離3cm(ワイド端)のマクロ撮影機能も備えており、小さな被写体も大きく印象的に撮影できる。レンズ構成は、非球面/EDレンズ1枚、非球面レンズ5枚、EDレンズ3枚の11群13枚。撮像素子は1.0型の高感度MOSセンサー(有効2010万画素)を採用する。

○【特徴2】EVFの見やすさを向上、操作性も良好

内蔵の電子ビューファインダー(EVF)は倍率、サイズともTX1から進化した。倍率は0.53倍の大型高精細タイプに、サイズ(ドット数)はTX1の1.5倍となる0.21型/233万ドット相当となった(ともに3:2撮影時)。

高精細で見やすい3型の背面液晶モニター(124万ドット)は、タッチAF/AE、タッチシャッター、タッチパッドAFなどの直感的な操作が可能なタッチパネルを採用。アナログ感覚のコントロールリングと合わせ、どのようなシーンでも直感的に操作できる。エラストマー製グリップをフロントとリアに装着し、望遠撮影時にも安定して撮影できるようになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング