可動式EVFが復活、高画質ミラーレス「LUMIX GX7 Mark III」

マイナビニュース / 2018年2月14日 13時10分

写真

画像提供:マイナビニュース

パナソニックは2月14日、マイクロフォーサーズマウント対応のミラーレス一眼「LUMIX DC-GX7MK3」(以下、「GX7 Mark III」)を発表した。シリーズの特徴であるスリムボディーを継承しつつ、初代LUMIX GX7で話題を呼んだチルト式の可動式EVF(電子ビューファインダー)を復活させたのが特徴。画素数も有効2030万画素に高めた。

価格はオープンで、予想実売価格はボディー単体モデルが税別100,000円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6」が付属する標準ズームキットが税別111,000円前後、単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7」が付属する単焦点ライカDGレンズキットが税別140,000円前後の見込み。発売は3月15日で、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色を用意。

GX7 Mark IIIの主な特徴は「高画質」と「直感的な操作性」、「進化した4Kフォト」にある。
○【特徴1】画素数を20Mに向上、新たなモノクロモードも

1月に登場した上位モデル「LUMIX G9 PRO」の発表時に発信したLUMIXの絵作り思想「生命力・生命美」を継承。新開発の2030万画素ローパスフィルターレスLive MOSセンサーと、最新のヴィーナスエンジンとのコンビネーションにより、精細感のある描写を可能にした。高画素化を図りつつ、連写速度は8コマ/秒から9コマ/秒(AFS時)にアップした。

これまでのGX7シリーズで定評のあるモノクロ表現を進化させたのも特徴だ。ハイライトとシャドウを強調しつつ、絶妙にディテールを残した「L.モノクロームD」が新たに加わった。フィルムライクな質感を実現した新パラメーター「粒状」と合わせ、モノクロ表現の幅を拡大している。

手ぶれ補正は、ボディー内手ぶれ補正機構(5軸)とレンズ内手ぶれ補正機構(2軸)をシンクロさせて補正効果を高める「Dual I.S.」を継承。広角~望遠の全領域でぶれの少ない安定したフレーミングや撮影ができる。
○【特徴2】EVFはチルト機構が復活、露出補正ダイヤルも追加

本体デザインは、歴代のGX7シリーズで定評のある高品位の小型デザインを進化させた。本体の高さを抑えつつ、軍艦部を薄型化してスリムさを強調。また、背面ボタンを大型化して操作性を高めつつ、電源スイッチやフロントダイヤルの大型化で操作性を向上させた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング