AIはクリエイティブを生み出せるのか - Appier CEOが語るAI論

マイナビニュース / 2018年4月17日 13時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

2017年3月6日。台湾に本社を置くAIスタートアップのAppierは、米フォーチュン誌の「AI革命をリードする50社」に選出された。50社のうち、アジアから選ばれたのはわずか4社。日本でもAIの新たな技術やサービスが話題になることは多いが、選出された企業は1社もなかった。

Appierが2012年に本社を設立してからわずか5年。どのようなビジョンで事業を展開することで、AI革命をリードするまでに成長できたのだろうか。台湾で開催された同社のプレス/アナリストに向けたイベント「Appier Press&Analyst Summit 2018」の講演にて、Appier CEOのチハン・ユー氏がAIに対する考え方を述べたので、本稿ではその様子を紹介する。
○2つのブレイクスルーでAIを進化させる

Appier CEOのチハン・ユー氏

チハン氏は、講演で同社内におけるAIの考え方について、次のように語った。

「我々は"製品のブレイクスルー"と"科学のブレイクスルー"を意識しながら仕事をしています。製品については、ユーザー本位を徹底し、誰もが使えるような拡張性を持たせながら、大きなインパクトをもたらすものを作りたいと考えています」

同社では「AI-as-a-Service」として、複数の端末を使い分ける同一のユーザーを特定し、趣味や嗜好を分析するマーケティングインテリジェンス「CrossX Programmatic Platform」と、ユーザーの分析・予測を行うデータインテリジェンスの「Aixon Platform」を提供している。

どちらもAIの専門家がいない企業でも使えるように考慮されており、イベントでデモが行われたAixonは、ドラッグ&ドロップで簡単にユーザーのセグメント化を実行できる仕様だ。

「また、科学的なブレイクスルーでは、疑問に対して実験などを行います。最近では、AIがクリエイティブになれるのかという命題に対して、トライアルを実施しました」

そう言って、チハン氏は1枚のスライドを表示させた。

「11月に台湾のECサイトで掲載したイメージです。売り上げがよかったのはどちらだと思いますか?」

イメージを見て、プロのマーケターは約6割ほどの確率で正解を導くことができたが、コンピューターは8割近く正しい予想をすることができたという。

「AIを使えば、人間よりも高い精度でクリエイティブの判断ができる可能性があることがわかりました」と、チハン氏。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング