CorsairのゲーミングデバイスはUnplug and Playでワイヤレスに注力。サイド強化ガラスのケースも

マイナビニュース / 2018年4月16日 21時43分

写真

画像提供:マイナビニュース

リンクスインターナショナルは4月11日、取扱メーカーであるCorsiarの新製品発表を行いました。日本市場向けに投入されるのは、左サイドに強化ガラスを使用したミドルタワー「Carbide 275R Tempered Glass(以下275R TG)」、ワイヤレスゲーミングマウス「DARK CORE RGB/同SE」、防水防塵(IP32相当)を備えたメカニカルキーボード「K68 RGB」、7.1ch Virtualサラウンド対応のUSBアダプタを同梱したヘッドセット「HS60」です。

発売時期と価格はケースの275R TGの白モデルがが4月21日発売、黒モデルは4月下旬~5月上旬発売で希望小売価格は14,040円(税込)。その他の製品は5月以降を予定しており、価格も調整中となっています。
○ゲーミングデバイスは無線重視

発表会には、Corsiarの米国本社からプロダクトマネージャーが来日しました。ゲーミングデバイス担当のアンドリュー氏はメモリからスタートしたCorsiarについて触れ「23年間高性能でハイエンド、そしてカスタマイズ可能な製品を目指してきた」と語りました。

ゲーミングデバイスの方向性については「Unplug and Play」とワイヤー接続をすることなく自由にプレイする製品に力を入れるといいます。Corsair製無線デバイスの特徴として、アンドリュー氏は独自2.4GHz接続による素早い反応に加えて、標準的なBluetooth接続にも対応すること、そしてQiに対応することを挙げました。

対応製品として、すでに発売中のK63ワイヤレスメカニカルキーボード、そしてマウス新製品として、DARK CORE RGB/DARK CORE RGB SEを紹介しました。

Corsair初のワイヤレスゲーミングマウスとなるこの製品は、2.4GHz独自接続とBluetooth接続、USBケーブル接続の3方式に対応しており、16,000DPIの高精度センサーを搭載しています。SEバージョンはQi充電に対応し、対応マウスバッドMM1000も発売されます。

また、K68キーボードについては「ゲーム中にエナジードリンクを飲んでいてこぼしても大丈夫な防水防塵性を持っている」とアピールしました。Cherry MX RGB redのメカニカルキーボードでありながら、キースイッチをゴム膜でカバーすることにより防水性と防塵性を持たせています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング