シンガポール航空、ボーイング787-10を5/18成田線導入--中部/福岡線も年内に

マイナビニュース / 2018年4月17日 11時49分

写真

画像提供:マイナビニュース

シンガポール航空は5月18日より、新たに導入したボーイング787-10での運航を成田=シンガポール間でも開始する。さらに、関係当局の認可を前提として、2018年中に名古屋、福岡にも787-10を順次導入を予定している。

シンガポール航空は2018年で日本就航50周年を迎えることを記念するとともに、日本の利用者への感謝の意を込めて、787-10の最初の就航先を日本に決定した。シンガポール航空は787-10を導入した世界で最初の航空会社であり、5月3日より関空=シンガポール線に787-10での運航を開始する。この関空=シンガポール間のフライトは毎日2便、どちらも787-10による運航となる。

座席構成は2クラス制の337席で、直接フルフラットベッドへリクライニングが可能なビジネスクラス36席(座席配列1-2-1)、エコノミークラス301席(座席配列3-3-3)となっている。機内では、日本語でも楽しめる機内エンターテインメントシステムを含む最新の地域路線用の機内プロダクトを搭載している。

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング