ヤフー、スマホアプリで店舗へ集客できるサービスを渋谷や新宿で開始

マイナビニュース / 2018年4月17日 13時25分

写真

画像提供:マイナビニュース

ヤフーは4月16日、スマートフォンアプリを利用した店舗向け集客サービス「Yahoo!チェックインポイント」の提供を、東京都渋谷区と新宿区の「松屋」や「自遊空間」など約600店舗で開始したと発表した。

同サービスは、おでかけサポートアプリ「Yahoo! MAP」に追加されたチェックイン機能を利用し、Tポイントなどの特典によってユーザーの来店を促すことができるというもの。同サービスの導入により、新規顧客の獲得や既存顧客の来店頻度向上が期待できる。

一方、アプリユーザーは、店舗に来店するだけでTポイントやキャンペーン情報、クーポンを取得することが可能だ。ユーザーがアプリ上で検索できる「チェックイン」対象店に入店すると、店舗に設置されたビーコン端末がYahoo! MAPを検知し、「チェックイン」を促す画面を表示。「チェックイン」することで、店舗ごとにあらかじめ設定された特典を獲得できる仕組みとなる。

同サービスは、来店検知数に応じて運用費が決まる「来店検知数連動型成果報酬」モデルを採用し、業種ごとに運用費の下限が設けてれている。初期費用および固定費用は無料で、ビーコン端末もヤフーが店舗へ無償貸与する。

なお、本サービスは全国展開に向けて順次対応エリアを拡大し、2019年春に参加店舗1万店を目指す予定だ。
(小松原綾)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング