Azure“超"入門 第1回 クラウドの普及と進化

マイナビニュース / 2018年5月17日 9時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

○クラウドからイメージするもの

現在、インターネットを介して提供される個人向け、企業向けのさまざまな無償/有償サービス、および公的なサービスには、必ずと言ってよいほど「クラウド(Cloud)」が関係しています。

クラウドと同様にバズワード化している感がある「人工知能(Artificial Intelligence: AI)」的なものもまた、その背後には間違いなくクラウドが存在します。クラウドと聞いて、文字通り、“雲の上にある(空の向うにある)何かしらの存在"をイメージする人は多いでしょう。

利用者側から見れば、その出力物であるサービスを利用できさえすれば、クラウドがどこにあって、どのような仕組みで動いているのか知る必要はありません。その意味では、雲のイメージはしっくりきます。また、単に同じ雲を意味する「ウェブ(Web)」を言い換えただけだと言う人もいるかもしれません。残念ながら、一部ではそのような単なる言い換えに過ぎないこともあるようです。

アプリやサービスを利用するエンドユーザーにとっては、目的のものを利用できれば、それでも十分です(本当にクラウドなのかそうでないのかを含め)。しかしながら、クラウドをビジネスに利用しようという場合は、その理解では不十分です。

“流行りものだからクラウドでやる"と安直に決定してしまうと、適切な応答性が得られなかったり、従来型のシステムよりもコストが高くついたり、あるいはそのプロジェクトそのもものが失敗に終わったりすることになりかねません。読者と認識を揃えるため、一般論としてのクラウドとは何かを次回に説明することにします。

今回は、クラウドの登場から現在まで、クラウドの普及と技術的な進化を含む、筆者がイメージするクラウドの姿をイラストにしてみました。この図に基づいて、クラウドが登場した当時から現在までを簡単に振り返ってみましょう。なお、この図を裏付けるデータがあるわけでもありませんし、横の時間軸も筆者の想像の範囲を超えるものではありません。

○クラウドの登場、利用者の拡大、技術的進化

クラウドが登場したとき、それはインターネット上の利用者をターゲットとしたWebアプリやサービスを開発、提供する、先駆的なIT企業によって、開発環境およびサービスのプラットフォームとして積極的に採用されました。スマートフォン向けのゲームアプリ開発がよくわかる例です。

クラウドの提供者、特にグローバルに展開する大手のクラウド事業者は、自社のクラウド基盤に多くを投資でき、それを非常に多くの利用者に提供できるため、規模の経済が働き、低コストでサービスを提供できます。

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング