MS&AD、東大、芝浦工大が気候変動の洪水リスク大規模評価プロジェクト開始

マイナビニュース / 2018年5月17日 13時59分

写真

画像提供:マイナビニュース

MS&ADインターリスク総研は、MS&ADインシュアランスグループホールディングス、東京大学、芝浦工業大学と共同で「気候変動による洪水リスクの大規模評価(LaRC-Flood)」プロジェクトを開始し、「気候変動による洪水頻度変化予測マップ」を一般公開した。

同プロジェクトは、4者が共同で、気候変動による洪水リスクへの影響評価の研究および研究成果の社会への還元を目指しすもの。近年、世界の平均地表気温は上昇しており、今後、気候変動がさらに進行することにより、世界的に洪水リスクが高まり、企業経営にも大きな影響を及ぼす可能性がある。今回、同プロジェクトに参加しているMS&ADインシュアランスグループでは、保険会社として自然災害への対応と防災減災への取組を推進しており、また、芝浦工業大学工学部の平林由希子教授、東京大学生産技術研究所の山崎大准教授は、2013年に将来の世界的な洪水リスクの変化を推計し、「気候変動に関する政府間パネル第5次報告書(IPCC-AR5)」においてその成果が紹介されるなど、同分野について多数の実績を有しているという。

今回、同プロジェクトの一環として、「気候変動による洪水頻度変化予測マップ」が一般公開された。これは、平林教授や山崎准教授等による2013年の研究について、企業担当者などが気候変動リスクを把握するための参考情報として、その成果をweb-GIS(地理情報システム)で閲覧できるようにしたものとなっている。

また、同プロジェクトでは今後、気候変動と洪水リスクの関係を明らかにすることを目的とし、アジアの大河川を対象に、過去の洪水の発生確率に関する温暖化の影響を広域かつ定量的な評価を行っていくという。同研究はMS&ADインターリスク総研、東京大学および芝浦工業大学によって既に進行中だということだ。
(シマダマヨ)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング