シーズ・ラボ、10秒で脂肪の厚さや質を計測する「脂肪測定システム」導入

マイナビニュース / 2018年5月21日 12時57分

写真

画像提供:マイナビニュース

シーズ・ラボはこのほど、脂肪や筋膜、筋肉を計測して画期的なダイエットへ導く「脂肪測定システム」をクリニカルサロン「シーズ・ラボ」で開始した。

「脂肪測定システム」は、妊娠中に胎児を見ることができるエコーと同じような原理を利用(非医療用)している。計測できる場所は腹部や太もも、ヒップ、二の腕、顔の二重顎部分など、全身で計10カ所。計測に要する時間は10秒と短時間であるにもかかわらず、脂肪の質を目視でき、厚さの測定もできるという。

これまで、同社が展開するサロンでダイエットメニューを提案する際は、体組成計やカウンセリングでヒアリングした生活習慣、セラピストの経験などから個々のタイプを見出していた。今回、新たに脂肪測定システムが導入されることで、より個々の体に合わせた提案が可能になった。

また、超音波によって体内の脂肪や筋肉の厚さだけでなく「表面はやわらかく落ちやすいが、深部にセルライトが潜んでいる」「筋肉はあるが、使われていないために冷えが生じやすい」なども確認できるとのこと。効率的なダイエット提案が可能になるため、リバウンドしやすい人や痩(や)せにくい人、ダイエット方法に困っている人などにおすすめしている。

例えば、脂肪が20mm以上ある人は「即効痩せキャビテーションコース」(60分税込2万5,380円)がおすすめとのこと。硬い脂肪細胞に有効な脂肪分解作用があるキャビテーションと、体内温度を約10℃上昇させ、脂肪を溶解する高周波ラジオ波、分解された老廃物を排泄させながらボディメイクするマッサージがセットになっている。

「脂肪測定システム」の価格は、15分で税込3,240円。導入を記念し、全国25店舗で各店先着30名を対象に導入キャンペーンを実施する。「即効痩せキャビテーションコース」の初回体験(税込5,400円)を受ける人は、診断が無料となる。
(フォルサ)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング