QRコードを用いた「顔認証なりすまし防止ソリューション」

マイナビニュース / 2018年6月14日 11時38分

写真

画像提供:マイナビニュース

デンソーウェーブとNECソリューションイノベータは6月14日、協業によって安全性が高く偽造や改ざんに強いQRコードに顔の特徴データを格納し、顔認証による本人確認を行う「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を商品化、7月より両社で販売を開始すると発表した。

両社は2014年よりQRコードと顔認証技術の連携を開始し、2017年11月から3カ月間金融機関で実証実験をするなど、「顔認証なりすまし防止ソリューション」の開発を進めてきた。

今回、実証実験から得られたノウハウをもとに、セキュリティ機能を搭載したQRコードであるSQRCを用いて「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を商品化。今後は、ソリューションの一部をクラウド上でも利用できるなど、ユーザーの使用用途に合わせた強化を行っていく予定だ。

また、両社の販売網を生かした共同マーケティングと販売を行うことで、金融窓口やATM操作時の本人確認、作業者の資格保有確認、店舗スタッフの本人確認、受験・受講時の本人確認など、金融・製造・リテール・教育などの分野で、新しい活用シーンを開拓し、販売を拡大していく。
(安川幸利)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング