G-Tune、ゲーマーの声を取り入れて「NEXTGEAR-MICRO」のシャーシを刷新

マイナビニュース / 2018年6月14日 15時15分

写真

画像提供:マイナビニュース

マウスコンピューターは6月14日、同社のゲーミングPCブランド「G-Tune」で提供するミニタワーPC「NEXTGEAR-MICRO」シリーズの筐体をリニューアルした。同社がスポンサードするプロゲーミングチーム「Team:GODSGARDEN」を通じて、ゲーマーにアンケートを実施し、要望を取り入れた。

新しいNEXTGEAR-MICROのケースは、シンプルかつフラットなシルエットに、マット仕上げを施した落ち着いたデザインを採用する。ケースの天板面にデバイス類など、ものを置くことが多いことから、通気口は設けずにフラットとした。

また、VRヘッドセットやキャプチャユニットなどを接続しやすいように、フロントのインタフェースにHDMIポートを配置。背面インタフェースに接続するわずらわしさから開放される。なお、ケース背面のHDMIケーブルを使って、グラフィックスカードのHDMI出力にアクセスする形となる。また、光学ドライブとしてスリムタイプのものをBTOで搭載可能に。例えば、イベントなどで頒布されるゲームのインストールなどに配慮した。

冷却は底面吸気で、ファンの構成により背面排気、もしくは背面/側面排気となる。吸気口には水洗い可能な「マグネット式ダストフィルター」を装着する。ストレージ類を上部に集約、さらに電源ユニットをケース上段に配置することで、熱源を分離するほか、スムーズな排気を実現する。

このほか、グラフィックスカードを支える「グラフィックスカードホルダー」といった工夫を盛り込む。

上位モデルでは、サイドパネルを強化ガラスとし、「魅せる」ドレスアップとして、ケースファンにLEDファンを採用する。

スタンダードモデル「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」の主な仕様は、CPUがIntel Core i5-8400、メモリが8GB、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050、電源が500W、OSがWindows 10 Homeで価格は税別89,800円から。

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング