新幹線を使いこなす 第7回 新幹線の車内販売活用法! 元パーサーがワゴンの知られざる秘密を紹介

マイナビニュース / 2018年6月25日 6時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

「車内販売」は新幹線の旅のお供に欠かせない。そこで今回は、東海道新幹線の車内販売の便利な活用法を紹介したい。

○東海道新幹線で働くパーサーたち

筆者には、東海道新幹線で車内販売員をしていた経験がある。車内販売員は「アシスタントパーサー」や「パーサー」と呼ばれ、車内販売のみならず、グリーン車の改札業務や、車内巡回など様々な役割を担っている。日本の大動脈を移動する乗客の移動をより快適なものにするため、日々努力しているのだ。なお現在は、東海道新幹線の「こだま」での車内販売はなくなり、「のぞみ」「ひかり」のみのサービスとなっている。

そんな車内販売員が、楽々と押しているように見えるワゴンは、商品を満載した状態では、実は大人の体重ほどもある。車内販売は重労働なのである。
○気になるワゴンの中身は?

ワゴンには、乗客のニーズに応えるため、様々な商品が乗せられている。いったいどんなものが乗せられているのか、紹介しよう。

まず、駅弁やサンドイッチ類、おつまみやお酒類、ソフトドリンクだ。駅で弁当を買い忘れても、車内で購入することもできる。そして、お菓子やアイスクリームなどのスイーツ類は、ほっとひと息つく時間には欠かせない。ここまでは、お馴染みだと思うが、他にも乗せられている商品がある。

「そんなものまで?」と驚かれるのは、スマートフォンの充電器や雑誌など。車内にはコンセントはあるが、充電器そのものを忘れた場合に、とても便利である。駅などで訪問先への手土産を買えなかった人に便利な、沿線の土産物類が乗せられているのもうれしいところ。
○ワゴンに隠された工夫

これらの商品が積まれたワゴンであるが、そのワゴンそのものにも、より良い商品を提供するための工夫が詰まっている。例えば、冷たい飲み物への配慮だ。

ワゴンに載せられている冷たい飲み物は、出発時間まで冷蔵庫で冷やされている。安全を考えると冷蔵庫を搭載したワゴンで販売するのは難しいが、冷たい飲み物が入れられた引き出しには保冷剤が入っており、飲み物を冷たいまま提供できるよう工夫されている。

アイスクリームももちろん溶けないようにされているが、そちらは保冷にドライアイスを使っている。車内には冷凍庫がないためであるが、それゆえ、販売されるアイスはカチコチになっているのだ。「食べ頃まで10分ほどお待ちください」というところだろう。

また、アイスコーヒー用の氷も載せられているが、酒類を注文した場合にも、カップと氷もお願いすることが可能だ。夜の晩酌にはうれしいサービスである。ホットコーヒーはもちろんポットに入っているが、そのコーヒーは車内の車内販売基地(11号車にある)で淹れている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング