夢眠ねむ、初冠番組で禁酒解禁も「ちょこちょこ飲んではいた」

マイナビニュース / 2018年9月15日 6時15分

写真

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・でんぱ組.incの夢眠ねむが14日、都内で行われたBS日テレの新番組『夢眠ねむのまどろみのれん酒』(10月7日スタート、毎週日曜22:30~23:00)のイベントに登場した。

この番組は、お酒大好きアイドルとして知られる夢眠の初単独冠番組。レシピ本を刊行するなど「食」へのこだわりを持つ彼女が、せんべろからスナックまで、毎週テーマに沿って美味しいお酒と肴を求めて、酒場ののれんをくぐっていく。

禁酒中だったが、番組開始に伴い一時的に禁酒を解くことになった夢眠は、カラオケスペースに立ってビールグラスを片手に「なんか変わった会見ですいません(笑)。一時とはいえ禁酒を解禁したこと、番組の成功とみなさんの健康をお祈りして!」と、集まった取材陣と乾杯した。

初回放送では、東京・門前仲町で酒屋さんでの「角打ち」を体験。店員に選んでもらった日本酒を飲み、おつまみを美味しそうに頬張ったり、お客さんに話しかけ交流する姿を見せるが、この映像を初めて見たという夢眠は「本当に、ただ飲んで食べてるだけだなと(笑)。夜の深い時間に“飯テロ酒テロ”になる番組だと思います。1人で初めて出会う人に話しかけるのはドキドキしたんですけど、お酒の力を借りて楽しい収録になったので、この番組は私の芸能活動でも代表作になるのではないかっていうくらい楽しいものになると思います!」とアピールした。

以前は家でビールを飲んでいたそうだが、「むくみやすい体質で、でんぱ組.incの曲『W.W.D』の『でんぱビッグバン!!!!』っていう歌詞のところでめっちゃ飛ぶんですけど、そのジャンプ力が飲んでる日と飲んでない日で全然違うんですよ。それで、パフォーマンスに専念するため、ジャンプ力のために禁酒してました」と告白。そんな中、禁酒明けの一杯の感想を聞かれると、「打ち上げの乾杯とかで一杯だけとか、ちょこちょこ飲んではいたんですけど…」と小声でカミングアウトした。

番組には、リアルな友達や尊敬する酒飲みの先輩もゲストに登場する予定。接点のない人で呼んでみたい人を聞かれると「叶姉妹さん」と即答し、「夢眠さんの思う良いお店の条件は?」との問いには「おしぼりが臭くないことですね」と答え、取材陣を爆笑させた。

そして、番組の見どころについて、「すごくリラックスした番組で、ただただ私が楽しく飲んでるところを切り取ってもらってる番組なんですけど、1人じゃ入らないお店に行けたり、かなり自分のお酒の世界が広がるきっかけになりました。見ている方も、一緒に飲んでる気分で乾杯して日曜日の夜を終わらせて『明日からがんばろう!』って思ってもえらえる番組になってくれたらと思います。ロケで会えたら一緒に飲みましょう!」と呼びかけていた。

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング