iPhone・ファンのあいつが、新iPhoneを買わない理由 - マイナビニュース調査

マイナビニュース / 2018年9月20日 11時30分

写真

画像提供:マイナビニュース

日本時間の9月13日に、新iPhone「iPhone XS Max」「iPhone XS」「iPhone XR」が発表されました。マイナビニュースでは、iPhoneユーザー850人に、新iPhoneを購入するかどうかについてアンケートを実施。その結果、新しいiPhoneを購入すると回答したのは59.4%となる505人でした。つまり、345人は新iPhoneを購入しないということ。今回は新iPhoneを買わないと回答したiPhoneユーザー345人を対象に、その理由を聞いてみました。

○高いから買わない

最も多かったのは「値段が高いから」で、回答数は67.2%の232人でした。Apple StoreにおけるiPhone XS Maxの価格は税別124,800円~、iPhone XSの価格は税別112,800円~、iPhone XRの価格は税別84,800円~。いずれもスマホのなかではかなり高価な部類です。

10万円を超えるスマホに関してはさまざまな議論がありますが、Appleはその議論に対して「Lasts longer」という見解を示しました。日本語にして「より長く」を意味するこの言葉。Appleは耐久性が高く、ユーザーが不満を覚えずに、長く使い続けられるiPhoneを設計・デザインしていくということですが、その「対価」として「10万円」がふさわしいかどうかは、新iPhoneの売れ行きを見ないとわかりません。
○キャリアの「縛り」があるから買わない

2番目に多かったのが「キャリアの縛りがあるから」で、22.9%の人が回答しました。

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクでは、スマホや携帯電話の契約期間を延ばすことでユーザーの流出を抑制する、いわゆる「2年縛り」「4年縛り」について国から指摘を受けて、問題となっています。

ユーザーが端末を購入して2年や4年というタイミングでないと、違約金が発生したり、端末の支払いが終わっていなかったりするため、新しい端末を購入しにくくなるということですね。

3キャリアは、契約解除料なしに携帯電話の契約を解除できる期間を延長するなどして「2年縛り」への批判に対応しました。しかしauやソフトバンクは、今回の新iPhoneに対していわゆる「4年縛り」と呼ばれる48カ月の分割払いも選択肢のひとつとして残しています。端末を長く、大切に使う人であれば、たしかに毎年新しいiPhoneを購入する必要はないかもしれません。
○サイズが大きすぎるから買わない

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング