地方の生活コストは本当に安いのか? - FPが地方に移り住んで感じたこと 第25回 果物を食べていますか?

マイナビニュース / 2018年9月20日 19時52分

写真

画像提供:マイナビニュース

「東京は物価が高いので、生活費が高い」または、「地方は物価が安いので、生活費が東京に比べてあまりかからない」と世間でよく言われていることは、本当なのでしょうか。

連載コラム「地方の生活コストは本当に安いのか?」では、ファイナンシャル・プランナーの高鷲佐織が、実際に東京から地方へ移り住んで感じたことを交えながらお伝えいたします。
○農産物直売所で果物を買う贅沢

みなさんは果物を食べていますか?

私は幼い頃から果物を食べていました。母は果物が好きで、食後によく果物を出してくれました。父も果物が好きで、地方勤務していた頃に知り合ったスイカ農家さんから現在も毎年スイカを送ってもらい、私の自宅にも毎年甘いスイカを送ってくれます。

しかし、親元から離れて暮らすようになってからは、私は果物をあまり食べなくなりました。仕事帰りにスーパーに立ち寄ると、夕食の材料だけしか考えられず、「食後のデザートに果物を食べよう」と思う余裕がなかったのかもしれません。

現在住んでいるところから車で1時間以内のところに、農家さんが直営している農産物直売所があるので、よく果物を購入するようになりました。今は、ぶどうや梨の季節ですね。そこで、今回は、ぶどうと梨に絞って、地域別の収穫量など調べてみました。
○ぶどうと梨の地域別収穫量

(表1)によると、ぶどうの全国の結果樹面積(※3)は1万6,900haで、前年産に比べて100ha(1%)減少しました。収穫量は17万6,100tで、前年産に比べて3,100t(2%)減少し、出荷量は16万1,900tで、前年産に比べて1,900t(1%)減少しました(黄色で表示)。

(表2)によると、梨の全国の結果樹面積(※3)は1万1,700haで、前年産に比べて400ha(3%)減少しました。収穫量は24万5,400tで、前年産に比べて1,700t(1%)減少しましたが、出荷量は22万6,600tで前年産並みとなりました。

ぶどうも梨も、前年産との比率を見ると減少幅は小さく見えますが、収穫量にしてみると、ぶどう3,100t、梨1,700tという大量の果物が前年と比べて減少しているということを、消費者として私たちは、認識した方がよいでしょう。

次に、都道府県別の収穫量を見てみましょう。

まず、ぶどうの収穫量1位は山梨県(4万3,200t)で、収穫量の割合は約25%、全国収穫量の4分の1もあります。2位は長野県(2万5,900t)で約15%、3位は、同率で山形県と岡山県(1万6,700t)で約9%となります(紫色で表示)。「ぶどうと言えば山梨県」と思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング