FRONTIER、GeForce GTX 1070搭載の15.6型ゲーミングノート

マイナビニュース / 2018年10月12日 14時34分

写真

画像提供:マイナビニュース

インバースネットは、NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載した15.6型のゲーミングノートPC「XNシリーズ」を、同日より直販サイト「FRONTIERダイレクトストア」で販売開始した。基本モデルの価格は税別169,800円。

同製品は、NVIDIAが提唱する「Max-Qデザイン」を採用することで、最厚部で18.6mm(脚部を除く)という薄型のボディを実現。これにより、高性能グラフィックスを搭載した従来のゲーミングノートPCの「大型で重い」という欠点を解消している。

CPUは第8世代Intel Coreプロセッサである、ノートPC用の6コアCPU「インテル Core i7-8750H」を搭載。複数のアプリケーションを同時に処理できるパフォーマンスがアップし、高負荷な処理においても優れたパフォーマンスを発揮する。グラフィックスには、ノートPC向けグラフィックスカード「GeForce GTX 1070」を搭載し、3DやVRを駆使した最新のオンラインゲームも滑らかに表示する。

1600万色の表示が可能な色鮮やかに輝くイルミネーションキーボードを搭載し、幻想的な世界を演出することでゲームの没入感がさらに向上する。ユーティリティソフトを使って3つのエリアに分けて色を簡単に変更できるほか、ウェーブ、ダンス、フラッシュなどの用意されたプリセットによって点滅パターンを変更可能。さらに、Flexikey機能によりキー入力構成して複数のキーを組み合わせたり、プログラム起動登録により、便利なショートカットキーを登録できる。

基本モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8750H(2.20GHz)、チップセットがIntel HM370、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070 / Intel UHD Graphics 630(CPU内蔵)、メモリがPC4-21300(DDR4-2666) 8GB、ストレージが1TB HDDなど。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースは、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×2、HDMI×1、DisplayPort×2など。本体サイズはW380×D252×H18.6mm、重さ約2.15kg(バッテリーを含む) 。
(早川厚志)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング