資生堂、男性用BBクリームを3月に販売 - ニキビ跡・ひげの青みなどをカバー

マイナビニュース / 2019年2月12日 11時37分

写真

画像提供:マイナビニュース

資生堂は3月上旬から、メンズブランド「uno」のBBクリーム「ウーノ フェイスカラークリエイター」(30g/市場想定価格は税込1,274円 ※編集部調べ)の販売を開始する。

BBクリームは女性の多くが肌をきれいに見せるために使用しており、「化粧下地」「ファンデーション」「コンシーラー」の役割を一つで担っている。

同商品では、クマやニキビ跡、ひげの青み、肌の赤みなど男性の多くが抱える肌トラブルの悩みをカバーできるとのこと。同社のヘアメイクアップアーティストが監修し、塗布すると自分の肌色に変化してなじみ、男性にも使いやすい設計になっているという。

シトラスグリーンの香り(微香性)付きで、肌のザラつきをなめらかに整えるためにスムースパウダーを配合。ヒアルロン酸Naおよびアセチルヒアルロン酸Naを含有しており、 洗顔やせっけんで簡単に落とせるという。
(MN ワーク&ライフ編集部)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング