上白石萌音、サインボール暴投&直撃ハプニング「後でお詫びに…」

マイナビニュース / 2019年3月21日 13時18分

写真

画像提供:マイナビニュース

映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(3月21日公開 ※"・"はハート)の公開初日舞台挨拶が21日に都内で行われ、上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星、川村泰祐監督が登場した。

同作は、渡辺あゆによる累計発行部数1000万部越えの同名コミックを映画化。2014年に1度実写映画化され、再実写化となる。高校3年生の西森葵(上白石)はあるきっかけから学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)と同居し、付き合うことに。しかし柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカから来て、3人で同居することになってしまう。

冒頭のあいさつでは「昨日の夜から胃が痛くて、必ず朝ごはんを食べるんですけど、ごはんが一粒も入らなくて、今もめちゃくちゃ胃が痛い。本当に緊張してます」と言っていた上白石。イベントでは観客にサプライズで、上白石によるサインボール投げが行われた。

上白石は、女性だらけの観客席に「2種類ありまして、3人のが入ってるバージョンと、私しか入ってないバージョン。だからチェックして、私のしかなくても、お願いだからこの劇場には置いてかないでください」と懇願。「劇場の方にご迷惑になるし、私も傷つくので! 処分するなら外で! 本当に!」と語りかけ、「あと、喧嘩しないで!本当に喧嘩しないで!劇場に血を流しちゃいけない」と注意した。

しかし、上白石が「ごめんなさいね、人にものを投げるというのは心が痛むんですけど……」と気づかいつつ、「よっ!」と掛け声のもとサインボールを思いっきり投げると、前列の観客に直撃するハプニング。横浜が「痛かったよね、大丈夫ですか?」、杉野が「一番やっちゃダメだよねっていってたやつ!」とつっこみを入れる。上白石は「本当にごめんなさい! 後でお詫びに参ります」と丁寧に謝り、会場は笑いに包まれていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング