「文系がプログラミング副業で月に10万円稼ぐ方法」を学べる本が発売

マイナビニュース / 2019年5月23日 10時36分

写真

画像提供:マイナビニュース

かんき出版は5月22日、書籍『文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!』を発売した。著者はシステムエンジニア・プログラマーの日比野新氏。価格は税込1,728円。

本書は、プログラミング副業の中で最も初心者向けとされる「ランディングページ制作」について、わかりやすく解説したもの。3つのプログラミング言語(HTML、CSS、JavaScript)について、「プログラミング副業で本当に必要となる部分だけ」を抽出。複雑な公式や専門用語は最小限に抑え、初心者でも安心して読める内容となっている。また本書専用特設サイトも用意し、質問に対応する。

内容は、『第1章 誰でもできて、しっかり稼げる! プログラミング副業の流れを紹介!』『第2章 プログラミング副業を始める前にこれだけは知っておこう!』『第3章 テキストや画像を入れて「ページの骨組み」を作ろう!』『第4章 思わず読んでしまうような「デザイン」にしよう!』『第5章 「動き」をつければ、ぐっと完成度が上がる!』『第6章 さあ、ランディングページを作ってみよう!』。

著者の日比野新氏は京都府出身。高校卒業後、18歳でエンジニアに。以後、30年間に渡り業務アプリケーションの提案からSE、PG、運営、人材育成や採用までを手がける。現在は独立し、マーケティングやプロモーション、プロデュースを行いながら、セールスコピーのライティング、オウンドメディア構築・運営等にも取り組む。
(御木本千春)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング