15,120円は「たたき売り」レベルで安い。Googleの「Nest Hub」は納得の完成度だった

マイナビニュース / 2019年6月12日 7時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

●Google純正スマートディスプレイ、日本上陸

Googleのスマートディスプレイ「Google Nest Hub」が日本に上陸しました。発売は6月12日。わが家にはもうスマートスピーカーのGoogle Home miniと、Android TVを搭載するソニーのスマートテレビもありますが、この上さらにGoogle Nest Hub(以下:Nest Hub)を導入して、何か良いことがあるのか試してみました。

わが家に来て間もなく1年になるスマートディスプレイの先輩である、Amazon Echo Spotと使い勝手も比べながらNest Hubをレポートしたいと思います。

なおNest Hubの機能説明などについては速報ニュースとファーストインプレッションのレポートも合わせて読んでみてください。

○絶妙な7インチのサイズ感。メカっぽくないルックスもいい

四角くて無機質なルックスの家電機器は、宅内に置くとなぜか「場所を取るし美観を損なう」と家族に避けられがちです。その点、7インチのNest Hubはほどよい大きさで、表示される情報も見やすい絶妙なバランス感だと思います。

そのうえ背面側はGoogle Home miniのようにファブリック素材でカバーされているので、あまりメカメカしい感じに見えません。奥行きがスリムなので、設置面積も少なめですみます。わが家のNest Hubは明るいピンク(またはオレンジ)っぽいカラバリの「Sand」なので、なおさら温かみが伝わってきます。筆者の家族にも快く迎えられました。

Nest Hubを操作していない時には画面に時計や、フォトフレームとしてユーザーがスマホで撮影してGoogleフォトに共有した写真が表示できます。画面を消しておくという選択も可能です。またディスプレイ設定の内容を細かく見ていくと、設置環境に合わせて画面の明るさや色合いを自動的に最適化する項目などもあります。

○音声コマンドをリアルタイムに「見える化」

Nest Hubの音声操作に対する反応はアマゾンのAlexaに対応するEcho Spot、LINEのClova Deskなど他社のスマートディスプレイと比べてみても非常にスムーズです。音声コマンドに対するマイクの感度がとても良く、日本語の認識も正確です。

画面のないGoogle Homeスピーカーとの違いは、Nest Hubの場合は音声コマンドをどのように認識しているか、文字でテキスト変換の結果がリアルタイムに表示されるところです。ユーザー側も誤って認識された箇所を目で把握しながら、もう一度言い直したりすぐに対応策が取れます。

筆者宅のように、Android TVを搭載するスマートテレビの近くにNest Hubを置く場合はHomeアプリの設定から「話しかける時は音量を小さくする」という項目をオンにしておくと、「OK グーグル」の発話と連動して、ホームネットワークに接続されているテレビやスマートスピーカーの音量を下げてくれるので、コマンドがより正確に認識されます。

タッチディスプレイを活かして、例えば夜間に「OK グーグル」を発話する代わりに、画面をタッチして音声コマンドの待機状態にできれば、寝ている家族に少しでも迷惑をかけずに済むので便利だと思うのですが、あいにくこのような操作方法に対応しているメニューがまだごく一部しかないようです。LINEのClova Deskのように画面のスワイプ操作だけですぐに音声入力待機状態に切り替わる機能が欲しいです。

○「元気ですか?」と聞いてみると……

ちょっと余談ですが、Googleアシスタントの会話センスはAmazonのAlexaに比べるとまだ少しビジネスライクでぎこちない感じがします。Nest HubとEcho Spotに「元気ですか?」と聞いてみました。

●マジメなNest Hub、ノリのいいAmazon Echo
「元気ですか?」とEcho Spotに聞いてみると、Echo Spotは「は~い。元気です!元気ですか?調子が悪くないなら、よかったぁ」と、少し語尾を上げるなど、“演技”を加えて返してきます。

一方、Nest Hubの場合は「はい、おかげさまで今日もゼッコウチョウです」と返事は手短に。ゼッコウチョウの日本語は少し機械語ふうになまっていました。

特筆すべきは、Echo Spotには「こちらに元気ですか?」と尋ねてきて、そのまま次の会話を待機してくれる「会話継続モード」があることです。Nest Hubの「続けて会話」機能は現在“英語のみ”提供されており、日本語でNest Hubとウィットに富んだ会話の駆け引きが楽しめるようになるのは、もう少し先のタイミングになりそうです。

○Voice Matchはぜひ使おう

登録したユーザーの声を個別に認識してくれる「Voice Match」は精度が高く安定しています。ユーザーごとに登録したカレンダーのスケジュールを教えてくれたり、音楽サービスの使用履歴に基づいておすすめの楽曲を再生してくれる機能が便利なので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

○YouTubeが声だけで起動

スマートディスプレイであるNest Hubの大きな魅力のひとつは、YouTube動画が快適に見られることです。

AmazonのEcho Show、LINEのClova DeskともにYouTube動画の再生には対応していますが、これらは先に内蔵ブラウザを立ち上げてから、見たいYouTube動画を画面タッチで検索・選択しなければならないので、「スマホで見た方が速いだろ」と思ってしまいます。

しかし、Nest Hubの場合は「動画を再生して」とか、「かわいい猫の動画を再生して」といった感じで音声コマンドを話しかけると、YouTube前提で検索がスタートします。

ただ、やはり検索にヒットした動画一覧からの選択は、例えば“リストの3番目”と音声操作で指定ができないため、パネルをタッチするしかありません。この辺の上手な使いこなし方については筆者自身、もう少し使い込んで研究してみたいと思います。
○動画が見やすいディスプレイ

Nest Hubは画面の視野角が広く、光の映り込みも少ないので動画や写真が見やすく快適です。四角いディスプレイは機械的で無愛想というイメージがありますが、円形ディスプレイのEcho Spotは、動画を再生すると上下に黒帯が入ったり、写真はトリミング表示が前提になったりするので、やはり不便に感じることがあります。

いま世の中にある映像コンテンツとのマッチングを考えて実用性を優先するならば、やはり16対9の長方形のディスプレイがベストなのかもしれません。

YouTube再生については好相性なNest Hubですが、NetflixやAmazonプライム・ビデオなど、他にも人気の動画サービスも見られるようになると、ベッドサイドやプライベートルームなど、活躍の場面はさらに広がりそうです。また1時間程度で構わないので、連続して動画が見られる容量のバッテリーを内蔵した防水仕様のモデルが出てくれば、「お風呂テレビ」としても人気を集めそうです。

○心地よくBGM的に楽しめるサウンド

Nest HubのサウンドはGoogle Homeのように中低域がこんもりとせず、Google Home miniよりも低音がしっかりと出せて、安定感があります。

音楽が心地よく室内に馴染むように、音質と音の指向性のバランスをチューニングしている印象を受けました。筐体内部にはフルレンジスピーカーを1基、おそらく下向きに配置して、本体の背面側にだけでなくディスプレイの下から前面にも音が抜けるようにスリットを設けているのだと思います。

より集中してじっくりと音楽を聴き込みたい場合は、Homeアプリのイコライザーから低音と高音のバランスを7段階からカスタマイズできるので、合わせて使うとよいでしょう。もしもNest Hubのサウンドでは物足りないと感じるのであれば、Chromecast built-inやWorks with Googleアシスタントに対応するオーディオ機器を用意したいところです。

「音楽を再生して」という音声コマンドに対応する、デフォルトの音楽配信サービスは、YouTube Musicのほか、ユーザーのGoogleアシスタント設定から、Google Play Music、Spotifyにうたパス、AWAなどが選べます。ちなみにNest Hubを購入すると、YouTube Musicを含むYouTube Premiumが3ヶ月無料で試せます。

再生中の音楽は、曲送りや音量のアップダウンを音声コマンドで、または本体の画面とボリュームキーから操作できます。音楽をしっかりと聴きたい場合は、スマホを手もとに置いて、HomeアプリやYouTube Musicなどの音楽アプリから操作した方が、選曲やイコライザーが素速く設定できるのでベターです。

●「画面付き」と料理アプリの相性がバツグン
筆者はBGMとして音楽を流したい時は、インターネットラジオを活用しています。Nest Hubの場合はradiko.jp、またはTuneInによるストリーミングに対応しています。

日本語の放送は原稿を書くときに集中力を奪われるので、海外のインターネットラジオを主に聴きたいのですが、TuneInで海外のラジオ局を音声操作だけで呼び出すのは、コマンドが正しく認識されず至難の業です。

代わりにスマホのTuneInアプリからNest Hubにキャストするか、またはGoogleアシスタントから「ラジオを再生」というルーティンを作って聴きたいステーションを登録しておくことで、音声による操作も快適になりました。

○無料音声通話はGoogle Duoで対応

インターネットによる無料音声通話はGoogle Duoが利用できます。ただ、Nest Hubにカメラが内蔵されていないため、ビデオ通話にならないのが残念です。

スマートホームデバイスにカメラを載せるべきか否かは意見が分かれるところですが、Googleはカメラも載せた10インチスマートディスプレイ「Nest Hub Max」を発表しているので、ビデオ通話に興味がある方はNest Hub Maxの発売を待つか、Amazon Echoシリーズ、LINEのClova Deskを選んだ方がいいかもしれません。
○スマート家電の操作をブラビアとHueで試した

Nest Hubは、“ハブ”の名の通り、インターネットにつながる家電(スマート家電)を操作・管理する機能があります。わが家にある、Android TVを搭載するブラビアと、フィリップスのスマート照明「Hue White ambiance」と、Nest Hubとの連携を試しました。

ブラビアとの連携は実に優秀です。わが家のブラビアはX8300Dシリーズという2016年発売の4K対応テレビのエントリー機なので、Googleアシスタントを音声操作で利用するためには、テレビ本体の電源を入れてから付属するリモコンのマイクに向かって話しかける必要があります。Nest Hubの操作では、テレビのオン・オフや音量のアップダウンなど一部機能をハンズフリーで扱ったり、YouTubeやSpotifyの再生、Netflixのコンテンツを呼び出してタイトルページを表示することなどができました。

スマート照明のHueは、音声で操作した後に、Nest Hubの画面に結果が表示されます。Nest Hubの画面を上から下にスワイプして「ホームビュー」を表示してから、「ライト」を選択すると明るさや色が変更できます。

Google Homeシリーズと連携して、スマホアプリやスマートディスプレイから操作できるスマート家電は徐々に増えているようです。ただ、家庭にある既存の家電も音声で操作できるようになればもっと便利。Nest Hubも、家電のコントロールが可能なスマートリモコン「Nature Remo」を連携させると、赤外線リモコンによる操作が可能になります。将来はLINEのClova Deskのように、赤外線リモコン機能をビルトインしたスマートディスプレイが広がることに期待です。

○画面付きならではの良さ。1台でじゅうぶん遊べる

Nest Hubは単なる「Google Homeに画面が付いて、YouTubeが見られるスマートスピーカー」ではありませんでした。

スマート家電のコントロールハブとして、またはインターネット通話が楽しめるコミュニケーションデバイスとして、スマートディスプレイにはまだこれから沢山の伸びしろがあるように思います。

料理レシピを表示できる機能は、調理のステップが小分けになっていて、ひとつの工程が終わったら「次のステップ」と発話し、ページを送りながら自分のペースで作れるようにアプリが上手に最適化されています。

バックグラウンドに音楽をかけながらでも画面にレシピが映せるので、キッチンで過ごす時間が楽しくなりそうです。このようにスマートディスプレイに最適化されたアプリやサービスがこれからも増えて欲しいと思います。

これだけ多機能で、スマート家電連携を使わなくても、単体で遊べる要素を満載するNest Hubの価格が15,120円(税込)というのは、もはや“たたき売り”みたいなものだと筆者は思いました。しばらくリビングでメインとして使うスマートデバイスはNest Hubに固定したいと思います。

……とはいえ、そうこうしているウチに、間もなくAmazonから5インチの新しいライバル「Amazon Echo Show 5」が9,980円(税込)で発売されます。こちらも楽しみなデバイスです。

GoogleとAmazonのAIアシスタントを搭載するスマートディスプレイは、今後はサードパーティからも魅力的な製品が出てくるものと思います。その時に各製品にどんな独自の付加価値を載っているのか、本家と比べた時のコストパフォーマンスを感じられるのかなど、注目すべきポイントもたくさんあるでしょう。「スマートディスプレイ」という商品カテゴリーが、今後大いに盛り上がってほしいですね。

著者プロフィール山本敦(やまもとあつし)

ジャーナリスト兼ライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。ハイレゾやAI・IoTに関わるスマートオーディオ、4KやVODまで幅広いカテゴリーに精通する。堪能な英語と仏語を生かし、国内から海外までイベントの取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。
(山本敦)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング