有吉&マツコ、中川翔子の映画館トラブルに「腹立つ」「見つけ出して」

マイナビニュース / 2019年6月20日 19時56分

写真

画像提供:マイナビニュース

お笑い芸人の有吉弘行とタレントのマツコ・デラックスが、19日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水曜23:20~24:20)で、映画上映中に見知らぬ人からジュースをかけられたタレント・中川翔子に同情する場面があった。

54歳・自営業の視聴者から、「先日、有名な劇団の舞台を観に行きました。一番高い1万3,000円のS席をとったのですが、まさかの2階席で、しかもすぐ後ろがA席。さらに前の席には身長が高い人が座っていて、とても見づらい席でした」という「お怒りメール」が紹介された。

係りのスタッフに別の席を用意してもらったものの、結局は納得がいかずに途中退席したという視聴者に対して、有吉は「何、イライラしてんだよ」とツッコミを入れ、「AとSの境目は運だからなぁ」とコメント。有吉自身、席を指定できる場合は「端か一番後ろか一番前」を選ぶそうで、「隅取られるのがダメだから」と理由を明かして笑い誘い、この流れから「この前、しょこたんが映画を観てて急にジュースをかけられたって。あれ、何? かわいそうに」とタレント・中川翔子の話題へと移った。

中川は先月7日、ツイッターで「上映中に前の席の人が振り向いて、足やめろ!揺れてんだよ!て、いきなり私ににジュースをかけた。え?て、あまりのことに呆然。まだ上映中だし足を前にぶつけたり一切してない」「あまりにもびっくりしたけど、上映中だし黙ってそのまま映画みてましたがショックで内容が頭に入らなかった。。終わったらその人たちはサッとすぐに出ていったけど、全く意味不明すぎる出来事」「こんなおかしな事が、ないように。席が揺れることがあるとしたら、注意書きしておいてほしいです」と被害を報告。あまりに理不尽な仕打ちに、中川のもとには数多くの同情の声が寄せられた。

事の顛末を聞いたマツコ・デラックスは絶句。有吉が、「かわいそすぎない? 俺、腹立っちゃってさ。ひどいでしょ?」「めちゃめちゃ腹立っちゃったよ」と吐露すると、マツコも「もう、映画観に行かない!」と声を上げて「見つけ出してさらしてやればいいのよ」と怒りをあらわにした。

一方で有吉は、「しょこたん、最後まで観たんだ、というのが残ってる。つえー!」と耐え抜いた中川を称賛し、「俺だったらすぐに係りのところに行ってさ、泣きながら『かけられました』って言うけどさ」と正直に話して再び笑いをとっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング