EXIT兼近大樹、吉本に改善要望「会社を守る為の一方的なヒアリング」

マイナビニュース / 2019年7月21日 7時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

吉本興業に所属するお笑いコンビ・EXITの兼近大樹が20日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮の謝罪会見後、ツイッターを通じて「会社を守る為の一方的なヒアリングはもう良いだろう?」と投げかけた。

宮迫と亮は20日、都内で開いた会見で一連の闇営業騒動を謝罪。一方で、吉本興業の岡本昭彦社長から、「全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんやったら記者会見やれ。俺にはお前ら全員クビにする力がある」など圧力があったことを告発した。

これを受け兼近は、「チャラ男なのでこれで変わらない会社ならとんじゃうよーー」と注意を促し、「会社から芸人にしっかり説明求む! 会社を守る為の一方的なヒアリングはもう良いだろう?」と訴えた。

そして、「どうなったか所属してるかねちがパリピの皆さんにしっかり伝えますので」とあらためてファンに説明することを約束し、「それができる新時代到来オーライ。まじ令和」と結んでいる。

一方、相方のりんたろー。も、「何が起きたって僕達のやることは目の前にいるお客さんに楽しんでもらう」「今はそれに変わりはねぇはずだよな」とツイートしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング