KDDI×セコム、5Gを活用したスタジアム警備の実証実験に成功

マイナビニュース / 2019年8月19日 17時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

KDDIとKDDI総合研究所、セコムは8月19日、東大阪市の協力を受け、東大阪市花園ラグビー場において、国内初となる5Gを活用した、AI・スマートドローン・ロボット・警備員が装備したカメラによる、スタジアム周辺の警備の実証実験に成功したと発表した。

実証実験では、KDDIのスマートドローン、セコムの自律走行型巡回監視ロボット「セコムロボットX2」、および警備員に装備した各カメラからの4K映像を5Gを経由してセコムの自動車を用いた移動式モニタリング拠点「オンサイトセンター」へ伝送。これにより、広範囲なエリアを高精細な映像で確認でき、不審者の認識から捕捉など一連の警備対応が可能となることを実証した。

また、5Gを経由してオンサイトセンターで受信した4K映像をAIを活用した人物の行動認識機能で解析し、異常を自動認識して管制員に通知することで、対象警備エリアにおける異常の早期発見と緊急対処が可能になることを実証した。以下は動画。

具体的には、8月16日に(1)花園ラグビー場周辺において、警備エリア全体を監視するドローン、ロボットおよびカメラを装備した警備員が警備エリア内を監視、5Gを活用して撮影した4K映像をリアルタイムに伝送し、オンサイトセンターでモニタリングを実施、(2)オンサイトセンターでは受信した4K映像をAIで解析し、異常行動を自動で認識、(3)オンサイトセンターの管制員が警備員とロボットへ現場急行を指示し、対処を実施した。

さらに、人物の行動認識についてはKDDI総合研究所が独自に研究開発した行動認識技術を活用し、オンサイトセンターで受信した4K映像に映る人物を検出するとともに、検出した人物の18カ所の骨格点を深層学習により抽出し、骨格の動きから人物の詳細な動きを認識することで、不審者の発見や体調が悪く倒れてしまった人、暴動が発生していることなど、AIがリアルタイムに異常を認識することを可能としている。

なお、本実証実験で実施した内容の一部は、今後実施されるイベント警備での活用を予定している。各社の役割として、KDDIは5Gネットワーク・4K映像伝送システム・スマートドローンプラットフォームの構築と提供、警備員が装備するカメラの提供を、KDDI総合研究所は人物の異常行動を認識するAIの開発を、セコムはセコムロボットX2、オンサイトセンターの構築と提供、警備観点での実証実験シナリオの構築をそれぞれ担当した。
(岩井 健太)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング