富士フイルム、軽量チタンボディの最上位ミラーレス「X-Pro3」

マイナビニュース / 2019年10月23日 17時3分

写真

画像提供:マイナビニュース

富士フイルムは10月23日、レンズ交換式のミラーレスデジタルカメラ「X」シリーズのフラッグシップモデル「FUJIFILM X-Pro3」を発表した。

ラインナップは、上質な塗装を施したブラック、擦り傷に高い耐性があるデュラテクト加工を施したDRブラック、DRシルバーの3色で展開。発売日はブラックが11月28日、DRブラックとDRシルバーが12月中旬となる。価格はオープン。

ボディ外装は軽量・高強度のチタン製。ボディ内部のフレームはマグネシウム合金となっており、高い機動性と耐久性を備える。ボディの70カ所にシーリングを施し、防塵・防滴に対応。-10度の耐寒性能も持つ。

ファインダーは「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」で、光学ファインダーと電子ビューファインダーを切り替え可能。電子ビューファインダーは369万画素の有機ELで視認性も高い。表示設定に「残像感低減」モードを加え、表示も滑らかになった。光学ファインダーの上に小型電子ビューファインダー同時表示できる「エレクトロニックレンジファインダー」機能も搭載する。

センサーは2,610万画素(裏面照射型)の「X-Trans CMOS 4」。画像処理エンジンは「X-Processor 4」で、-6EVの低照度環境下でも高速かつ高精度な位相差AFが行えるとしている。

背面のディスプレイは約162万ドットのタッチパネル式。チルト可動と180度の回転が可能なので、きついアングルでも画面を確認しながら撮影できる。ボディ背面には、電源のオンオフに関わらず撮影情報を確認できる1.28インチカラーメモリ液晶ディスプレイも搭載。

多彩な色調を再現する「フィルムシミュレーション」には、カラーネガフィルムをもとに画質を設計した「クラシックネガ」モードを新搭載。モノクロ調整機能は「モノクロームカラー」として刷新され、暖色系と寒色系に、マゼンタ系とグリーン系を新たに加えている。

そのほか、フィルムで撮った写真が持つ粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能を強化。青空などブルー系の被写体に対して、深みのある色再現と階調再現が可能な「カラークロームブルー」を新たに搭載している。
(リアクション)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング