ビジネスマンが喜ぶB級グルメ 第32回 お肉は一皿150円から! 普段使いできるしゃぶしゃぶ専門店とは?

マイナビニュース / 2019年11月17日 10時55分

写真

画像提供:マイナビニュース

毎日働くビジネスパーソンにとってうれしい、安価で絶品な料理を紹介する連載「ビジネスマンが喜ぶB級グルメ」。今回は、これからの時期にぴったりなお鍋をリーズナブルに味わえるお店です。

○2種のスープでしゃぶしゃぶを堪能

こんにちは。グルメ大好きほねつきかるべです。11月に入り、めっきり冷えてきましたね。いよいよ秋も深まり、冬の到来が近づいている感じです。寒い時期になると恋しくなるのがそう、鍋料理ですよね!

今回ご紹介するのは、2019年10月に新宿にNEWOPENした「ひとりしゃぶしゃぶ いち」さん。こちらはなんと回転寿司ならぬ回転しゃぶしゃぶのお店で、世にも珍しいひとりしゃぶしゃぶ専門店という業態をとっているのです。

入店するとお肉の入ったドームが専用のレーンに乗って回っています(笑) 店内は全席カウンター席で、お肉は税別で1人前150円~から楽しむことができます。

注文はタッチパネルで、まずお好きなスープを2種類選択します。「『いち』特製いち辛出汁」(200円)、「本格すき焼き出汁」(200円)、「天然焼きあご使用の和出汁」(150円)、「無添加天然塩麹出汁」(150円)、「ピリッと柚子胡椒出汁」(150円)の5種類の出汁が提供されています。

今回は「『いち』特製いち辛出汁」と「本格すき焼き出汁」を選択。すき焼き出汁には生卵がついてきました。まずは「牛タン」(40g/350円)からしゃぶしゃぶ。レーンからお肉を取るのが新鮮ですね(笑)

「お肉はどうやって冷やしているの?」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、レーンに回っているドームの蓋にドライアイスが入っており、鮮度を保つための工夫がされているそうです。続いて「黒毛和牛A4芯ロース」(30g/350円)を。薄くカットされた芯ロースは野菜が巻かれているので思ったよりさっぱりした印象。すきやき出汁がよく合いますね。いち辛出汁は豚肉との相性が良かったです。

ちなみにランチタイム(11時~14時)はランチサービスが毎日実施されており、ご飯・麺類が無料。おかわり自由なので、この日はごはん+〆のうどんもいただきました。お肉はレーンで回っているものを取るため待ち時間も気にならず、平日のランチでも気軽に利用できるので普段使いしやすい一軒だと思いますよ!

※価格はすべて税別

○筆者プロフィール: ほねつきかるべ
Amebaブログにて「ほねつきかるべ ☆つき歩き」をほぼ毎日更新中。≪B級グルメジャンル≫公式ブロガーとして、お肉料理を中心にB級グルメからスイーツまでトレンドグルメを発信し、その読者は1万人を超える。
(ほねつきかるべ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング