中村倫也、ルマンドカラーのスーツでルマンド男子に! CM撮影に密着

マイナビニュース / 2019年11月18日 5時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

俳優の中村倫也が、ブルボン「ルマンド」のイメージキャラクターに起用されたことが18日、明らかになった。CM「ルマンド男子」編は19日より全国でOAされる。今回はCM撮影現場に潜入、中村の様子をレポートする。

中村が演じるのは、いつもやさしさを忘れず、仕事にもまじめに向き合う建築家。さりげなく同僚の荷物を持ったり、自分のハンカチを差し出したり、おやつにルマンドをくれたりと、ファッション・雰囲気・言葉遣いまでまるでルマンドのような彼のことを、影から見つめる会社の同僚は、密かに「ルマンド男子」と呼んでいる、という設定だ。

上品で丁寧、接しているとホッとする……そんな"ルマンド"のようなイメージを持った「 #ルマンド男子 」にぴったりということで、今回中村が起用されたという。"ルマンドパープル"のスーツはCMのための特注で仕立てられ、ネクタイはルマンドのロゴの紺色を表し、ハンカチもパッケージの柄を表現。知的なイメージのメガネは中村本人が選んだものだが、制作スタッフの会議でも「 #ルマンド男子 にメガネはマスト!」と話題となっていたという。

CM撮影は7月下旬に行われた。建築会社という設定のセットは、ふだんはカフェとしても使われているイベントスペースに設置され、待機中の中村がカウンターのスタッフへ真顔でお茶目に手を振ると、その場に笑いが溢れる。撮影では中村がルマンドを浅くかじったり深くかじったり、様々な見方を試すだけでなく、キリッとした表情を見せたり少し斜めに目線をやったりと、多彩な表情で的確に要望に応えていく。

中村がおいしそうに頬張るために、現場ではルマンドを食べたくなるスタッフが続出。中村は休憩中スタッフと談笑しながらも、ルマンド男子の上品さを漂わせる雰囲気で、役者としての佇まいを見せる。同僚役の女性から話しかけられるシーンでも、「『はい』って、返事した方がいいですか?」と、自ら演技のプランを提案していた。

その後に行われたビジュアル撮影では、背景としてルマンド模様の壁が出現し、何から何まで「ルマンド」一色! 現場には「ルマンド」と、「ひとくちルマンド」が用意され、多くの関係者が見守る中で本職のモデルのように輝く中村。一方で合間にはロケ場所に興味津々で、無邪気な顔を見せていた。

撮影後のインタビューでは「子どもの頃はもちろん食べてましたけれども、この仕事を始めてからもいろんな現場のお茶場にルマンドは絶対あるので、その都度食べてきました」と、ルマンドとの思い出を振り返る中村。「やっぱり撮影には頭を使うので、スタッフさんも食べて、今日もラストまでがんばろうという風にやってきたので。自慢できますね、 これから現場で。『ルマンド男子だよ』『俺がルマンド男子だよ』って」と意気込んだ。

また、ブルボン公式アカウントをフォローして対象の投稿をリツイートすると、 抽選で合計450名様にハンカチーフまたはルマンド1箱(12袋)の どちらかが当たるキャンペーンを実施する。
○ルマンド男子の特徴

1:優雅で上品すぎる立ちふるまい
2:やさしく甘いオーラを身にまとう
3:ていねいで気品溢れる言葉遣い
4:中身は1本芯の通った性格
5:道端の花にもほほえみかける
6:パープルを1年中おしゃれに着こなす
7:万一にそなえてハンカチは2枚以上持ち歩く
8:15時になるとおやつをふるまう(お気に入りはルマンド)
9:誰かを笑顔にすることがとびっきりの喜び
10:隠れたファンが多く老若男女に愛される

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング