コカ・コーラ「オリンピック観戦イベント」で桑田真澄&Mattが3年ぶりに共演

マイナビニュース / 2020年1月15日 21時16分

写真

画像提供:マイナビニュース

コカ・コーラはこのほど、今月6日から実施されている21競技種目の「東京2020オリンピック観戦ペアチケット」が1,010組2,020名に当たるキャンペーンのPRイベントを開催。ゲストに、元プロ野球選手の桑田真澄さんとアーティストのMattさん親子が登場した。

○「Coke ON」を使ってその場で応募

今回のキャンペーンは、同社の対象商品に掲載された「チームコカ・コーラ オリンピック応援マーク」を、公式スマホアプリ「Coke ON」のカメラ機能でスキャン、または「Coke ON」アプリを対応自販機に接続した状態で、製品を1本購入することで「チームコカ・コーラ応援ポイント」をため、計12ポイントで応募可能。

応募したその場ですぐに当選結果がわかり、何度でも応募できる。観戦競技は野球や陸上競技、水泳、サッカー、ラグビー、テニス、卓球、柔道など全21競技・種目の中から好きなものを選べるのが特徴だ。
○桑田親子が観戦したい競技は……?

2008年の北京オリンピック以来、野球がオリンピック競技として復活する東京2020大会。イベントの冒頭、会場での観戦予定を聞かれた桑田さんは「なんか仕事入るかなと思っていたんですが、今のところは予定がないので、ちょっとチケット確保しなきゃいけないかなと思っています」と笑いを誘った。

「せっかくの機会なので、ぜひ会場で観戦してみたい」というMattさんも、まだチケットを入手できていないとのことで、桑田親子は互いに相手が観戦したい競技・種目を予想し合うクイズに挑戦した。

「野球はコテコテですもんね」と語る桑田さんに対し、Mattさんは「去年盛り上がったラグビーかな。てっきり野球だと思っていたんですけど、違うそうなので」と予想。

一方、スポーツのイメージがないMattさんだが、桑田さんは「Mattは運動神経がいいんですよ。走っても早いし、小学生の頃バレーボールがすごく上手かったんです」と振り返り、「陸上かバレーボールでいきたいと思います。ビーチバレーとかは日焼けするので(笑)、バレーボールかな」と予想した。

結果は、それぞれ「テニス」「サッカー」と回答し、2人はオリンピックを機に新しい競技に触れてみたい気持ちが強いことがうかがえた。

○リフティング対決の勝利者は……?

さらにイベントでは、Mattさんが観戦したいというサッカーにちなみ、桑田親子によるリフティング対決も実施。生まれて初めてのリフティングにも関わらず、桑田さんが6回という流石の運動神経をみせて勝利し、同社がオリジナルでデザインした競技アイコンのピンバッジ「オリジナルペアピンズ」全種類がプレゼントされた。

この「オリジナルペアピンズ」は今回のキャンペーンで1ポイントから応募でき、1回につき1種類(競技デザイン2個セット)が計50,000名に当たるという。

チケットのイラストなどを配置した「コカ・コーラ」オリンピック観戦チケットキャンペーンボトルは、すでに販売されており、在庫がなくなり次第終了の予定。応募期間は3月8日までとなっている。
(伊藤綾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング