恵安、ゲーミング新ブランド「GRAXIA」のキーボードなど4機種を新発売

マイナビニュース / 2020年1月21日 18時13分

写真

画像提供:マイナビニュース

恵安は1月20日、ゲーミングデバイス向け新ブランド「GRAXIA」から、ゲーミングキーボードセット、ゲーミングPCケースなど4種類を発表した。価格はオープン。
○GX-4IKMHP

GX-4IKMHPは、ゲーミングキーボード、ヘッドセット、マウス、マウスパッドの4点セット。1月22日より発売する。

GX-4IKMHPゲーミングキーボード

GX-4IKMHPゲーミングキーボードは、21キーロールオーバー+アンチゴースト対応のゲーミングキーボード。Outemu製青軸メカニカルキースイッチを採用し、鋭い反応性とストロークの安定感に加え、約5,000万回の高いスイッチ寿命を提供する。機能面ではWASDキーと矢印キーを切り替える機能を搭載。左利きプレイヤーのゲームプレイをアシストする。ほかにも、Windowsキーロック機能なども備える。

インタフェースはUSBでケーブル長は1.5m。7色LEDを装備し、本体サイズはW440×D154×H25mm、重さは820g。

GX-4IKMHPゲーミングヘッドセット

GX-4IKMHPゲーミングヘッドセットは、40mmドライバーを内蔵する有線ゲーミングヘッドセット。両サイドのハウジング内にLEDを内蔵する。3.5mm4極ステレオミニプラグでの接続に対応し、PC / PlayStation 4 / Xbox Oneなどでの使用が可能。ただしLEDライトを利用する場合はUSB接続が必要となる。

ケーブルの途中には、ボリューム調整用ホイールを備えたリモコンを搭載。感度は108dB、インピーダンスは32Ω。本体サイズはW210×D180×H95mm、重さは305g。

GX-4IKMHPゲーミングマウス

GX-4IKMHPゲーミングマウスは、アドバンストゲーミングオプティカルセンサー内蔵のゲーミングマウス。解像度は最大3,200DPIで、1,200 / 1,600 / 2,000 / 3,200dpiでの解像度調整が可能。エルゴノミクスデザインを採用し、ボタン数は「6」。右手親指の位置に2ボタンを配置することで操作性を高めている。

内部にはLEDを内蔵しており、マウスホイールやマウスの周囲などが発光。インタフェースはUSB、ケーブル長は1.3m。本体サイズはW125×D67×H40mm、重さは110g。

GX-4IKMHPマウスパッド

GX-4IKMHPマウスパッドは、マウスの操作wpスムーズにする布製マウスパッド。裏面には滑り止め加工を施し、滑ることのない安定感を提供する。本体サイズはW240×D180×H3.5mm、重さは70g。
○GX-KB01K-BRGB

GX-KB01K-BRGBは、青軸メカニカルキースイッチを搭載するゲーミングキーボード。3月に発売する。

各キーにRGBライトをバックライトを装備し発光機能が充実。キーひとつひとつの発光パターンを細かく設定でき、鮮やかなイルミネーション効果を楽しめる。キースイッチはOutemu製青軸メカニカル仕様で、Nキーロールオーバー+アンチゴーストに対応。反応性 / 安定感 / 耐久性も申し分ない。

機能面ではWASDキーと矢印キーの切り替え機能、Windowsキーの無効化機能なども備える。インタフェースはUSBでケーブル長は1.5m。本体サイズはW440×D154×H25mm、重さは820g。
○GX-PCM-RGB

GX-PCM-RGBは、フロントパネルを縦断するLEDが様々なパターンで発光する「レインボーストリームライティング」を搭載するATX PCケース。3月に発売する。フロントパネルはヘアライン加工を施し、サイドパネルは全面スモークのアクリルパネルとなっている。

主な仕様は、拡張スロット数が7基。搭載可能ファン数は前面に120mm×2基、背面に80mm×1基。搭載ベイ数は3.5インチベイ×1基、2.5インチベイ×2基。外部インタフェースは、USB 3.0×1、USB 2.0×2、LEDコントロールボタン×1、マイク×1、ヘッドホン×1。本体サイズはW175×D400×H410mm。対応フォームファクタはATX、マイクロATX。
○GX-PCP-RGB

GX-PCP-RGBは、フロンとパネルと左サイドパネルに強化ガラスを使用するPCケース。3月に発売する。左サイドパネルはスモーク処理を施している。フロントパネルにはLEDが様々なパターンで発光する「レインボーストリームライティング」を搭載。I/Oポート類もLEDが組み込まれており、発光パターンは、フロントLEDライト / I/O LEDライトともに14パターンを用意する。

主な仕様は、拡張スロット数が7基。搭載可能ファン数は前面に120mm×3基、背面に120mm×1基、上面に120mm×3基 / 140mm×2基。搭載ベイ数は3.5インチベイ×2基(HDDマウンタ使用)、2.5インチベイ×3+2基(3.5インチベイと排他)。ケース上面と底面には取り外し可能な防塵カバーを装備。上面の防塵カバーはマグネット式で取り外せる。

外部インタフェースは、USB 3.0×1、USB 2.0×1、LEDコントロールボタン×1、IO LEDコントロールボタン×1、マイク×1、ヘッドホン×1。本体サイズはW215×D495×H454mm。対応フォームファクタはE-ATX、ATX、マイクロATX、Mini-ITX。
(リアクション)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング