リポD飲んで、はやぶさ2の地球帰還を応援しよう - 限定ボトルが発売

マイナビニュース / 2020年2月14日 19時48分

写真

画像提供:マイナビニュース

大正製薬は2月14日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が2020年11~12月に予定している小惑星リュウグウで採取したサンプル物質を入れたカプセルを地球に帰還させるミッションの成功を願って、「リポビタンD 小惑星探査機『はやぶさ2』応援限定ボトル」の販売を同社の通販サイト「大正製薬ダイレクト」にて開始した。

限定ボトルのラベルデザインは、小惑星探査機「はやぶさ2」のターニングポイントを描いた4種に、数々の困難を乗り越えて世界的偉業を成し遂げた初号機「はやぶさ」のデザイン1種を加えた計5種構成で、10本入る外箱にも「はやぶさ2」の勇姿が描かれている。ちなみに、これらはJAXAの商品化許諾を受けて作られたものだという。

5本それぞれのターニングポイントの絵柄の内容については以下の通り。

HAYABUSA #01 DATE:NOV.2005 MISSION:TOUGH CHALLENGES(小惑星「イトカワ」への接地に2度挑戦。その後も数々の試練に見舞われたが、乗り越えて地球帰還へ)
HAYABUSA2 #01 DATE:JUN.2018 MISSION:ARRIVAL AT "RYUGU"(探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に到着。太陽系の起源・進化や生命の原材料の解明を目指す)
HAYABUSA2 #02 DATE:FEB.2019 MISSION:1st TOUCHDOWN(リュウグウの表面にある物質を採取するため、筒の先を表面に着地させる「タッチダウン」を実施)
HAYABUSA2 #03 DATE:JUL.2019 MISSION: 2nd TOUCHDOWN(2度目のタッチダウン。人工クレーター生成によりリュウグウ表面に現れた地下物質のサンプルを採取)
HAYABUSA2 #04 DATE:END OF 2020 MISSION:RETURN TO THE EARTH(数々のミッションを完遂し、太陽系の歴史を解明するサンプルを抱いた「はやぶさ2」が地球帰還予定)

なお、10本箱には、5種のデザインボトルがランダムで入っているため、すべてのデザインボトルが入っているとは限らないことに注意が必要と同社では説明している。販売価格は100mL×10本セットが1460円(税別、送料無料)、同30本セットが4380円(同)となっており、数量限定での販売となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング