Amazon Music全サービスでポッドキャストを配信開始

マイナビニュース / 2020年9月17日 12時23分

写真

画像提供:マイナビニュース

Amazonは、日本、米国、英国、ドイツにおいて、ポッドキャストの配信を開始した。

「Amazon Music」の全サービスが対象。追加料金は必要なく、ポッドキャストのストリーミングおよびダウンロードが行える。

Amazon Musicのユーザーは、iOS、Android向けのAmazon Musicアプリ、Amazon EchoシリーズなどのAlexa搭載デバイス、またはWebプレイヤーからポッドキャストを利用可能。モバイルアプリとWebプレイヤーのポッドキャストページでは、カテゴリ別の人気ポッドキャスト番組、おすすめのポッドキャスト番組などを編成して表示している。

利用デバイス間で連携し、停止したところから続きを再生できる。例えば、ランニング中はモバイルで再生し、帰宅したらEchoデバイスに移動して途中から再生が行える。

ラジオの人気トーク番組、ニュース、カルチャー、英会話などのポッドキャストを配信。ウィル・スミスやDJ キャレド、ベッキー・G、ダン・パトリックなどのクリエイターが司会を務める、Amazon Musicのオリジナルポッドキャスト番組が世界的に配信される。

また、人気コンテンツの一例として、以下の日本発ポッドキャストが挙げられている。

飯田浩司のOK! Cozy up! (ニュース)
J-WAVE INNOVATION WORLD ERA (テクノロジー、アート、カルチャー)
鈴木敏夫のジブリ汗まみれ (アート、レジャー、趣味)
Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM (アート、デザイン、音楽)
福本敦子のきくこすめ(ファッション)
そうぞうぱれっと(キッズ、ファミリー)

2020年1月、Amazon Musicは全世界で5,500万人の利用者に到達した。今後、Amazon Musicアプリや音声サービス・Alexaを介し、ポッドキャストのクリエイターをユーザーに紹介することで、さらなる利用者の拡大を期待しているという。
(杉浦志保)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング