電話の着信バナーを以前の全画面表示へ戻すには? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

マイナビニュース / 2020年9月24日 11時15分

写真

画像提供:マイナビニュース

UI(ユーザインターフェース)のデザインに大きな変化はないものの、操作性や機能の見せかたに細やかな変更がくわわった「iOS 14」。便利になったという意見がある一方、これまでと使い勝手が違う、以前の状態に戻してほしいという声があることも事実です。

その変更を受けたUIの代表格が、電話アプリです。キーパッドからダイヤルする操作、着信を受ける操作に変わりはありませんが、着信があったときのユーザに対する通知が変わりました。iPhoneを操作中に着信があったとき、iOS 13までは相手の名前/電話番号に「拒否」と「応答」ボタンを全体に表示する画面にすぐ切り替わりましたが、iOS 14からは画面上部にバナーが表示されるスタイルになりました。

全画面表示ではなくなりましたが、着信を拒否したいときは赤いボタン、受けるときは緑色のボタンをタップすることに変わりはありません。着信時に利用していたアプリが突然消えなくなったぶん、誤操作が減るなどのメリットを期待できます。ロック状態のときの着信は従来どおりの全画面表示ということもあり、iOS 14の新しいスタイルに慣れるほうが得策です。

しかし、バナー上の小さなボタンはタップしにくい、アプリを操作中でも全画面表示に切り替わるほうがいいという場合は、従来のスタイルに戻すこともできます。『設定』→「電話」→「着信」の順に画面を開き、「フルスクリーン」にチェックを入れればOKです。

なお、バナーか全画面表示かの設定は、携帯電話会社の音声通話(キャリア通話)だけでなくFaceTimeオーディオにも適用されます。設定項目も『設定』→「電話」→「FaceTime」に用意されていますが、キャリア通話と共通の設定が適用されるため、キャリア通話とFaceTimeオーディオで異なる設定にすることはできません。
(海上忍)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング