1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

Clubhouseでクラブを作成する

マイナビニュース / 2021年4月9日 6時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

Clubhouseには、同じ興味や関心を持つ人とグループを作れる「クラブ」機能があります。

クラブへの参加タイプは、創設者、メンバー、フォロワーの3種類。創設者はクラブを作成した人で、クラブのメンバー管理など、すべての権利を持っています。

メンバーは、クラブのプロフィールにアカウント名が表示されます。メンバーが創設者から管理者としての権限を与えられると、クラブ名入りで管理者をフォローしている人だけが入れるルームを開催できます。クラブの名前が入ったルームを「公開」に変更できるのは創設者だけです。イベントに関しては、創設者と管理者の両方が設定できます。

フォロワーはクラブが開催するイベントの通知を受けられるようになり、イベントに参加できますが、クラブの操作はできません。

ここでは、クラブの作成と、ルームやイベントを開催する手順を説明します。なお、あまりClubhouseを活用していない人は、クラブを作成できないことがあります。クラブのフォロワーになるには、別記事「ClubhouseでユーザーやClubsをフォローする」を参考にしてください。
○クラブを作成する

以前はリクエスト制でしたが、現在はアプリから自由にクラブを作成できるようになりました。クラブを作成するには、プロフィール画面の「Member of」の下にある「+」をタップしてから、クラブ名と説明文、ルール(クラブ内での利用規則)の3つを設定します。

クラブを作成したら、リンクや招待でメンバーを勧誘しましょう。クラブのメンバーは公開されますが、非表示にすることも可能です。

○クラブのルームやイベントを開催する

クラブの創設者と管理者としての権限を付与されているアカウントは、クラブの名前が入ったルームやイベントを開催できます。開催の通知がメンバーやフォロワーに届くうえに、クラブ名が加わることでルームやイベントの内容がユーザーにわかりやすくなるため、集客に役立ちます。

ルームはメンバーのみが基本です。公開にする場合は、創設者はが設定を変更します。人を呼びたいときは、イベントを作成しましょう。

著者 : 鈴木朋子 すずきともこ ITライター・スマホ安全アドバイザー。SNSやスマホなど、身近なITに関する記事を執筆。10代のスマホカルチャーに詳しく、女子高生とプリクラにも出かける。趣味はへんてこかわいいiPhoneケース集め。著書は「親子で学ぶスマホとネットを安心に使う本」(技術評論社)など20冊を超える。 この著者の記事一覧はこちら
(鈴木朋子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング