1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

【3COINS】テレワークで使える100均アイテム - 番外編 -

マイナビニュース / 2021年4月21日 17時0分

写真

画像提供:マイナビニュース


テレワークで使える100均アイテム【3COINS編】

自宅などでリモートワークをするときは、できるだけ快適な環境を作って効率よく仕事を片付けたいもの。そんなリモートワーク環境を便利にするグッズを「100円ショップ」(100均)で手に入れよう、という本特集、今回は番外編として、300円〜のグッズを扱う「3COINS」で販売されているグッズを紹介します。
3COINSってどんなところ?

今やすっかり定着した100均ショップですが、100円という価格が制限となっている側面も否めません。そこで最近注目を集めてきたのが、100均ショップよりも高品質で、普通の雑貨屋などよりもお手頃価格の「300円ショップ」です。「3COINS」「THREEPPY」「CouCou」などのチェーンが登場しており、100均ショップ最大手のダイソーも先日「Standard Products by DAISO」という新ブランドを立ち上げたばかりです。立地としてはショッピングモールなどが中心ですが、ロードサイドに独立した店舗を持っているケースもあります。

品物は100円ショップよりもおしゃれなものが多く、サイズがひとまわり大きくて素材がしっかりして耐久性が高いなど、実用性の面でも上回っています。

今回紹介する「3COINS」のコンセプトは、「あなたの"ちょっと幸せ"をお手伝いする雑貨店」。商品はインテリアから生活雑貨、子供向けのおもちゃ類に至るまで幅広くラインナップされています。デザイン性も高く、手にとってみたくなるアイテムが多いのも特徴。カラーはシンプルなベージュ系やモノクロのものが中心です。

面白いのは300円に拘らず、もう少し高い価格帯の商品もそれなりにあるところで、特にモバイルグッズ類では最大2,200円という製品もあります。リモートワーク用のアイテムはモバイルジャンルが中心ですが、収納やインテリア系からも便利なものが見つかりそうです。
■おすすめアイテム その1
○「ワイヤレスステレオイヤホン」(1,650円)

Bluetooth 5.0接続の完全ワイヤレスイヤホンです。まったく同じ値段とスペックで、インナーイヤータイプと、カナル型の2種類があり、それぞれ白と黒の2色から選択可能です。いずれも左右のイヤーピースが独立した完全ワイヤレスタイプのイヤホンで、充電器を兼ねた収納ケースと、充電用のmicro USBケーブルが付属します。

デザインは完全ワイヤレスイヤホンの代名詞となった「あの会社のあの製品」にそっくりですが、タッチセンサー音楽の一時停止や早送り・早戻しといった操作ができる点も似ています。

スマートフォンとの接続はBluetoothになりますが、最新のBluetooth 5.0に対応したスマートフォンであれば、充電ケースへの出し入れで自動的に接続がオン / オフされるなど、高い利便性を発揮します。またマイクを内蔵しており、電話やビデオ通話時のハンズフリー通話も可能です。「本当にこれで1,650円!?」と思うほどしっかりした性能を持っています。

一方、肝心の音質ですが、正直なところ「可もなく不可もなく」という感じです。低音部の迫力がなく、全体に平坦な感じの音になっています。左右チャンネルの分離感もやや低めですが、一応ちゃんとしたステレオ出力にはなっており、音楽を楽しむという目的でも及第点には達しています。何よりこの値段ですから、無くしてしまってもダメージが小さく済むのはありがたいです。3COINSのモバイルグッズでは一番の売れ筋アイテムというのもうなずけます。
■おすすめアイテム その2
○「タブレットホルダー」(550円)

スマートフォンだけでなくタブレット(10.5インチ程度まで)に対応したホルダーとクランプのセットです。クランプにより机や棚板などに固定して、そこからフレキシブルアームに支えられたホルダーにスマートフォンやタブレットを固定して使います。

「スタンド」を名乗っていないのは、アームがきちんと支え切れるかが製品によってまちまちだからでしょう。筆者が試した範囲では、約660gのiPad(第3世代)の場合、重さでホルダーが下を向きがちなので、アームごと後ろに傾けることで見やすい状態にできました。最近のタブレットはもっと軽量な製品が多いので、もう少し楽に支えられそうです。

このサイズ・価格帯でスマートフォンを固定できるホルダーは珍しく、それだけでもタブレットユーザーは注目したいアイテムですが、リモートワーク中に資料などを表示させておき、邪魔にならないよう脇に置いておくのにもピッタリです。少しアームが固いので、最初に設置するまでは一苦労かもしれませんが、それだけの価値はあると思います。

なお、3COINSにはクランプではなく、金属製の重い「足」が付いていて、床や机の上に置いて使うタイプのタブレットスタンドもありますので、使う環境の広さなどを考慮して選ぶといいでしょう。iPadやFireタブレットなどを持っており、仕事にも活用したいという人は要チェックです。


■おすすめアイテム その3
○「ワイヤレスモバイルバッテリー 5000mAh」(1,650円)

5000mAhの容量を持つモバイルバッテリーです。出力用にUSB Type Aポートを2つ持ち、同時に2台までのデバイスに給電できるのに加え、非接触充電規格「Qi」(チー)にも対応しており、Qiに対応したスマートフォンなどのデバイスへ、ケーブルなしに給電できます。

「5000mAh」というのは、概ねスマートフォンを1.5回程度満充電にできる容量だと考えればいいでしょう。タブレットの場合は1回弱というところです。Qi対応のモバイルバッテリーは大手メーカーでもまださほど多くなく、こちらも1,650円(税込)で買えるのは驚きです。

モバイルバッテリーとして見た場合、約25%刻みで残量がわかるLEDランプのメーターは親切ですし、Qiが荷物の中で対応機器と隣り合ったりして勝手に放電しないよう、電源スイッチが付いているので、安心して持ち運べます。また、micro USBでもUSB Type-Cでも充電できる点は便利ですが、USB Type-Cポートはバッテリーの充電専用で、機器に給電することはできない点に注意しましょう。

デザイン面では吸盤がちょっと目立ちますが、これはQiで充電中にスマートフォンが外れないよう、バッテリーを吸着させてしまうためのものです。例えば充電しながら通話したい場合ときなどに役立つので、合理的と言えば合理的な装備です。

リモートワークという観点から言うと、自宅内で使うことはあまりないと思いますが、気分転換にカフェやファミレスなどで作業したいときの予備電源としては最適です。最近はQiに対応したスマートフォンも多いので、自分だけでなく、誰かほかの人の機器を充電するのに役立つかもしれません。いざというときに備えてバッグに入れておきたい1台です。
■おすすめアイテム その4
○「ワイヤレス三脚自撮り棒」(1,100円)

最大で70cmまで伸ばすことが可能なスマートフォン用の自撮り棒兼三脚です。自撮り棒ではイヤホンジャックに接続してシャッターを操作するものが主流でしたが、最近はイヤホンジャックのないスマートフォンも増えています。しかし本機はBluetooth接続のリモコンを搭載しており、Bluetoothに対応しているスマートフォンで、本体のボリュームボタンがシャッター代わりになる機種であれば、離れた場所からでもリモコンでシャッターを切れます。

リモートワークという観点では、ビデオ通話時にスマートフォンを設置するための三脚として利用するのがメインとなるでしょう。

Zoomなどのビデオ通話アプリをスマートフォンで利用しつつ、ノートPCで作業を続けたいという場合、通常のスマートフォン用スタンドは高さが低いので、下から顔を写すとフェイスラインが緩くたるんで見えてしまいがちです。しかし本機であれば、やや上から小顔に写るように高さを調節できます。また、旅行先などで使う場合、自撮りだけでなく、上側から煽りで撮影したい場合などに役立つので、リモートワーク用と割り切らずに使える点も魅力です。
■おすすめアイテム その5
○「NECK WIRELESS SPEAKER」(2,200円)

イヤホンはどうしても長時間付けていると耳が疲れますし、聴力に与える影響も小さくありません。パーソナルな音楽体験を、より負担の少ない形で実現してくれるのが、首にかけて使うネックスピーカーです。

首かけスピーカー、肩かけスピーカーなどとも呼ばれるこのタイプの製品は、包み込むようなサラウンド感のある音を楽しめるとともに、耳を塞がないので周囲の音が聞き取りやすく、家事の最中などにも使いやすいのが特徴です。ソニーをはじめ、音響機器系のメーカーからも製品が登場しています。

最近は音楽だけでなく、テレビの音声を聞き取りやすくしたい人にも指示されているようです。もちろん、リモートワーク中に音楽を楽しむのにも最適です。

3COINSのネックスピーカーはBluetooth接続のほか、オーディオケーブル(3.5mmステレオジャック)でも接続できます。さらにTFカード(micro SDカード)やUSBメモリ(最大32GB)を接続して、中に収納された音楽ファイル(MP3)を再生できます。電源はバッテリーで、micro USBケーブルで充電します。バッテリー駆動時間は約4時間です。

一応ステレオで再生しているようですが分離感はあまりなく、やや後ろ側中央に音源があるように聞こえます。音量は小さくしていても十分聞こえますし、外の音もしっかり確認できるので、電話や来客等を逃すこともないでしょう。

ひとつ注意したいのは、サイズがかなり小さめなこと。筆者は首がかなり太い方なので、装着するのがかなり難しい状態でした。標準的な体型の人や女性であれば問題ないとは思いますが、購入前にサイズはよく確認しておきましょう。

ほかにも整理整頓などに役立ちそうなグッズが多数あるので、ぜひ一度ショップで確認してみてください。

海老原昭 この著者の記事一覧はこちら
(海老原昭)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング