冬の快適な睡眠対策、間違ってない? ポイントを押さえてあったか快眠!

nemgym(ネムジム) / 2014年12月9日 12時0分

写真

冬の快適な睡眠対策、間違ってない? ポイントを押さえてあったか快眠!

そろそろ冬も本番。あなたの冬場の睡眠対策は、もうバッチリですか?「最近なんだか寝起きが悪い……」と感じている人。寒くてもぐっすり眠るための対策、もしかしたら間違っていませんか?チェックしてみましょう!

「冬の寝間着は重ね着に限る!」って、ホント!?

「寒いとよく眠れないから」、という理由で何枚も重ね着をして寝る人、いませんか? もちろん“寒くない”のは大切ですが、「気持ちよく寝た~」と感じる寝床の条件は、寝床内の気温が約33度で、湿度50%が保たれているときだそう。 厚い生地のモコモコした素材や、過剰な重ね着は、スムーズな寝返りを妨げ、肩こりや腰痛、寝た感じがしないなどの原因となります。また、汗が蒸発しにくくなり身体の熱が発散されず、寝苦しくなるということもあります。 他にも、寝返りには筋肉の疲れを取ったり、血液循環をうながすなどの働きがあります。十分リラックスできるような寝間着を選びましょう!

冬の快適な睡眠には、掛布団を増やすのが常識!?

「厚着が良くないことはわかったけど、それじゃあ掛布団を増やしてみるか……」と思われますか? 寝床内の温度は、6割を敷布団、4割を掛布団が担っているといわれています。ですから、厚着をしないぶん掛布団を増やすよりも、敷布団に注目してみるのはいかがでしょう。寝床内の熱のほとんどは、敷布団を通して逃げていくからです。 たとえば、冬場は敷布団をもう一枚敷きます。また、その上にタオル地や保温効果の高い敷パッドをするのも、一つの手。これまで気づかなかった温かさを感じさせてくれるでしょう。

重ねて使うから、素材はどれでも一緒!?

「とにかく、何枚も重ねれば寒さはしのげる!」、そう思っていませんか? 快適な睡眠のためには、先に述べた温度と湿度が大切。寝具は、その条件を作る重要な要素です。それぞれの特徴をよく知って利用しましょう! ○天然素材の綿毛布は、眠っている間にかく汗や湿気を吸い取ってくれるので、そこまでは快適なのですが、一旦吸ってしまうと保温性が落ちてしまいます。 ○純毛のウール毛布は、汗や湿気を吸着すると熱を発生させ、吸湿発散性、保温性のバランスがいいとされています。 ○合成繊維のアクリル毛布は、肌触りが温かで気持ちがいいのですが、汗を余り吸収しません。それで、蒸れやすくなります。 ○羽毛布団は、保温性に優れています。上下裏表をローテーションで使うと、保温性を保ち、長持ちするそう。

冬の快適睡眠対策、間違っていませんでしたか? 寝間着や寝具を上手に利用して、あったか快眠がとれますように。

Photo by Marcus

nemgym(ネムジム)

トピックスRSS

ランキング