鬼才・デヴィット・フィンチャーがベストセラー小説を映画化!

NeoL / 2014年12月28日 23時33分

写真

鬼才・デヴィット・フィンチャーがベストセラー小説を映画化!




誰もがうらやむような幸せな夫婦生活を送っていた、ニックとエイミー。しかし、結婚5周年の記念日に、突然、妻・エイミーが自宅のキッチンに大量の血痕を残し、失踪。警察は他殺と失踪、2つの可能性を探り捜査を続けるも、やがてアリバイが不自然な夫・ニックに疑いをかけ始める。やがて暴走するメディアによって事件が明るみになり、ニックは全米中から疑いの目で見られることに――。



夫のニック役には、『アルゴ』でアカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレック。ミステリアスな妻のエイミー役は、イギリス人女優・ロザムンド・パイクが務める。
果たして謎に包まれた事件の行方は? 衝撃のクライマックスまで目が離せない!



ゴーン・ガール
監督:デヴィット・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク ほか
(2014年/アメリカ)
公開中
(C)2014 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/index.html


関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

NeoL

トピックスRSS

ランキング