ドイツ政府が封印し続けた、ヒトラー暗殺未遂の真実を映画化

NeoL / 2015年10月26日 18時28分

写真

ドイツ政府が封印し続けた、ヒトラー暗殺未遂の真実を映画化




ドイツ政府が長年にわたり隠し続けたヒトラー暗殺未遂事件を描いた、映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』が公開中。



1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘンのビアホールで演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く演説を切り上げた。その後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発。ヒトラーが退席してから、わずか13分後の出来事だった。大胆な犯行、爆破装置の精密さなどから、ドイツ秘密警察はイギリス諜報部の関与を疑ったものの、やがて逮捕されたのは、田舎に暮らす平凡な家具職人・ゲオルク・エルザーと名乗る36歳の男だった――。



メガホンをとったのは、映画『ヒトラー ~最期の12日間~』で“人間、ヒトラー”を描き、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされたオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。戦後70年を経て今明かされる、衝撃的な事件の真相とは?



ヒトラー暗殺、13分の誤算
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:クリスティアン・フリーデル、カタリーナ・シュットラー、ブルクハルト・クラウスナー、ヨハン・フォン・ビュロー
(2015年/ドイツ)
公開中
(c)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,
PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG
http://13minutes.gaga.ne.jp/

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング