グラハムやブレゲのアンティーク作品も!「懐中時計礼賛」展が開催

NeoL / 2018年10月9日 8時44分

グラハムやブレゲのアンティーク作品も!「懐中時計礼賛」展が開催

写真:高橋和幸


第749回デザインギャラリー1953企画展「懐中時計礼賛 The Shape of Timelessness」展が開催される。会期は、10月10日から11月5日まで。


 
日本デザインコミッティーが主催する本展。本企画を担当するのは、グラフィックデザイナーの板東孝明。ブックデザイン、CI、ポスターなどグラフィックデザインの仕事で高い評価を得る傍ら、アンティークの懐中時計コレクターとして世界中を旅してきた。


今回のデザインギャラリーでは、歴史的観点においても大変貴重な懐中時計を展示。







写真:高橋和幸



展示では「クロノグラフの父」とも呼ばれ、英国を代表する時計師の一人でもあるジョージ・グラハム(George Graham)が1745年に作った「シリンダー懐中時計」や、独自の時分針を発明したアブラアン=ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)が1822年に製造した「クオーター・リピーター懐中時計」などが並ぶ予定。


懐中時計に秘められる深淵なる魅力を、板東のコレクションを通じて深く体感したい。



第749回デザインギャリー1953企画展「懐中時計礼賛 The Shape of Timelessness」展
会期:2018年10月10日(水)〜11月5日(月)
時間:10:00〜20:00 ※最終日午後5時閉場(営業時間は松屋銀座の営業時間に準ずる)
入場料:無料
会場:デザインギャラリー1953
住所:東京都中央区銀座 3-6-1
主催:日本デザインコミッティー
http://designcommittee.jp/

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング