Fantastic Fest /日本未上陸映画特集 : 『AN EVENING WITH BEVERLY LUFF LINN』

NeoL / 2018年10月14日 15時0分

Fantastic Fest /日本未上陸映画特集 : 『AN EVENING WITH BEVERLY LUFF LINN』



今回の映画祭全体を通じてインターネット以前の「良き時代」への憧憬とも言える熱い想いを感じる作品が多くみられたが、この『AN EVENING WITH BEVERLY LUFF LINN』もその一つ。トゥーマッチなファッション、ヘアスタイル、そしてセット。1シーンだけを切り取っても「今ではない、懐かしいいつか」であることがはっきりとわかる(もちろん登場人物たちは携帯電話なんて野暮なものは持っていない)。
大きくカールしたゴージャスなヘアスタイルにニットをまとった主人公、ルル。ダイナーのウェイトレスである彼女はそのオーナーであるシェインの妻であるが、田舎町には明らかに不釣り合いな美女で謎めいた雰囲気を持つ。平凡で退屈な日々を過ごしていた彼女は、ある日、「Beverly Luff Linnとのマジカル・イブニング」というホテルディナーショーの告知CMを目にする。インドの民族衣装を身につけた巨大な男性”Beverly Luff Linn”を見て、驚きの表情を浮かべるルル。そこから事態は急展開を迎える。強奪、逃走、恋の駆け引き、嫉妬ーーBeverly Luff Linnにどうしても会いたいと思い詰める彼女が巻き起こすありとあらゆる”ドラマ”が弾けんばかりに膨らみ、加速する中、ミステリアスに「ウー、フー」と唸るのみのBeverly Luff Linnを筆頭に、随所に爆笑せざるを得ないユーモアが差し込まれていく。その見事な手腕たるや! さらには絡みつく視線から発生する恋、秘密の書簡と、ラインでの駆け引きに慣れた世代には旧体制すぎる設定もまたキラキラとフレッシュでスタイリッシュに映るのだ。
前作”The Greasy Strangle”でサンダンス映画祭で話題をさらったJim Hosking監督は、独特のユーモアセンスにさらに磨きをかけ、着々と座を築きつつあるようだ。








監督 : Jim Hosking
脚本: David Wike




--映像化が難しい脚本だったのではないでしょうか。


ホスキンズ「売り込むのにそんなに苦労しなかった映画でしたね。映像化するには難しかったかもしれないけれど、製作までこぎつけるには誰にも文句を言われなかったからその意味では幸運でした。多くの場合は予算を得るまでが一苦労だから……ごめん、もっと面白い話をすればよかったかな(笑)」


--いえ(笑)。キャスティングはどのように行ったのですか?


ホスキンズ「製作までのプロセス同様にサクッと進みました。脚本のデイヴィッドと、事前にどんな人が良いか話し合って。オーブリーに脚本を送ったら彼女は“コメディー要素と懐かしさがある作品だ”と言ってとても気に入ってくれたんです。全てのキャストと顔を合わせて話して、みんなが出演したいと言ってくれたという感じです」




--I want to ask about the script first, I seems to me from watching it, it’s difficult script to make vision from words. I’m curious how did you make that.



Hoskins : I think I’ve been kind of lucky to pitched anything much to anyone. Because it was really difficult script but I didn’t have to convince anyone to make this film, like normally people have to manage to have budget or something...sorry, did you expect something more interesting thing?



--No , no. What was the casting pross like?



Hoskins : It was really straight forward too, had chat with David about people who we were interested in, I sent a script to Aubrey(Plaza) and she said she saw it as comedy and nostalgia and said how much she likes it. I chatted with all of them and they just said they want to do it.











--ダンスシーンの撮影はどのくらいかかりましたか? なぜダンスシーンを起用したのでしょうか。


ホスキンズ「ダンスシーンの撮影もはやかったですね。2つのカメラでたった2日間で撮ったんです。何事にも時間がなく、早く進めなくてはならなかったから。撮影にはカリフォルニアにあるビクトリア調の大きい屋敷を使ったけれど、壁がピンクで奇妙な建物でした。ダンスシーンでは、自然に発生したようなのびのびとしたダンスであるということを表現したかったから、役者同士がお互いにどう踊るのかも、振り付けも決めていません。それがいいやり方だと思ったんです。本来は時間をかけもっと練って考えるべきなんだろうけれど、結果的にのびのびと無秩序な感じが出て、僕が求めていたことが表現できたから良かった。なぜダンスシーンを起用したかというと……そう脚本に書いてあるから(笑)! シニカルであり、純粋であり、おおらかな作品にしたかったから、キャラクターも迷子のように愛を探し求めているんですよ」


--キャストにはどのような演出をしたのですか? 笑えるけれど心動かされ、それでいて変てこな登場人物たちはとても身近な存在にも見えました。


ホスキンズ「コメディの在り方として、必ずしも笑いが起こることが目的である必要はないし、この作品でのコメディ要素はキャラクターの内面を描くための手段です。そういうわけで、狙わずしてこんなにパワフルで笑える出来になったことに驚いています」


デイヴィッド「リハーサルもなしで演出もしないやり方は見ていて面白かったです。沢山の役者が参加しているからそれぞれのやり方やアイデアがぶつかることもあり得ただろうけれど、この現場においてはみんなが同じ方向を見ていたんですよ。きっとキャストみんなが自分自身の役柄を深く掘り下げてやり遂げていたからでしょう。それが同じトーンを作り出したように思えたし、目に見えてわかりました」



--How long did it take to film the dance number in? How did that come about?



Hoskins : Well , filming the dance number was pretty quick. That was two days with two cameras. We had no time to shoot anything, everything was so quick. With the dance scene, we were staying kind of strange Victorian house in California, it was big pink house. I just wanted to have dance scene to just feel kind of spontaneous, they wouldn’t know how to necessarily dance each other or there were no choreography and that felt me the most interesting way to go. I supposed to think more but there were no time but I think ended up how I wanted to be it was from heart and chaotic. And how did it come about is...it’s in script. For me, I wanted this movie to be cynical and quite innocent, quite big hearted like the characters are looking for love almost kind of like lost children, you know.



--How did you do direction to actors? It was really amazing moments that are funny, touching and weird, we all laughing and we’re with them.



Hoskins : It was really important to me that it wasn’t sort of play as comedy necessary all for laugh so their role is committed to who they were. So it was surprising thing it ended up to be very powerful and funny.



David : It was interesting that watch bunch of actors come into the film with no rehearsal and be watching it, not directing it. You see it could go either a lot of actors come in with a lot of ideas and they could be very integrated like in this case, everyone really dig it in and go in for it. And kind of set the tone, that was what it was. It was kind of see that.









--衣装も素晴らしかったです。



ホスキンズ「衣装担当が衣装を作ったり、見つけてくれたりがんばってくれました。ほとんどはどこからか探し出してきてくれて、あとは貸衣装屋から借りてきたのもあったかな。作った衣装は、メキシカン・シンガーのステージ衣装を参考にしてもらったんです」


--セットのデザインも非常に独創的でしたが、どこから着想を得ましたか?


--僕はセットのデザインには強いこだわりがあります。今回担当したデザイナーのジェイソンは『The Greasy Strangler』(2016年のホラー映画。他にも『スイス・アーミー・マン』のプロダクションデザインも担当)に参加していました。彼とセットデザインについて話し合って考えたんです。一方的に細かいことまで指示することもできたのかもしれないけれど、そうではなく一緒に同じものを作っている人のアイデアを尊重するやり方のほうがいいから。でも口を出したことが一つありました。 ある時デイヴィッドとコーヒーショップで結構真面目な話をしているときに2人の男性が大きく笑っているポスターが目に入ったことがあって、それが頭から離れなくなってしまって。だから作中に少年がニカッ!と笑っているポスターを登場させるように用意してもらったんだけれど、もともと用意されたものよりも4倍大きい口に変えてもらったんです。最終的にものすごく大きいスマイルになりました(笑)。なんでそんなものにこだわったのかわからないけれど、コーヒーショップのポスターが頭から離れなかったのは事実。でも、観客は誰もあのポスターなんか気づかないでしょうね(笑)」




--And wardrobe was really amazing in this film.



Hoskins : The wardrobe staff made them or they found. A lot of them were found or lent from costume houses. The costumes which they made, I found a few references from Mexican singers.



--What about unique production design? How did the idea come about?



Hoskins : I really love the production design. I had conversation with production designer who works on “The Greasy Strangler”. I could be very specific about everything but I don’t wanna do that I wanna respect people’s idea who working with. I liked the picture of big kid’s face, very happy kid with big smile. And I told the production designer to make his mouth four times bigger so he got really wide smile. But I don’t think anyone noices, haha. When me and David sitting in coffee place and had a serious chatting but one of the poster cought my eyes, it was two guys’s big smile and it was really weird and stuck on my mind. I don’t know why but it’s true that it stuck on my mind.








After getting fired by her scheming husband Shane Danger (Emile Hirsch) from his cappuccino shop, dissatisfied Lulu Danger (Aubrey Plaza) is stunned when a TV commercial for “An Evening With Beverly Luff Linn For One Magical Night Only” reveals a mysterious man from her past (Craig Robinson). When Shane and his bumbling cohorts steal the cashbox from Lulu’s adopted vegan brother Adjay (Sam Dissanayake), specialist Colin (Jemaine Clement) enters the fray to retrieve the stolen funds. But Lulu seizes the opportunity to run off in search of her mystery man—and events only become stranger from there. This is a story of love, theft, athletic swimming, and a magical magical event.


Starring: Aubrey Plaza, Emile Hirsch, Jemaine Clement
Directed by: Jim Hosking
Written by: David Wike and Jim Hosking
In Theaters, On Demand and Digital HD October 19
2018, DIR. JIM HOSKING, 108 MIN., UNITED STATES
https://fantasticfest.com/films/an-evening-with-beverly-luff-linn
Follow AN EVENING WITH BEVERLY LUFF LINN on Social Media:
Facebook: https://www.facebook.com/BeverlyLuffLinnMovie
Twitter: https://twitter.com/BeverlyLuffLinn
Instagram: https://www.instagram.com/BeverlyLuffLinnMovie/


text Ryoko Kuwahara

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング