14 Issue:Gudrun Gut(Musician, DJ, Producer)

NeoL / 2019年8月31日 17時0分

14 Issue:Gudrun Gut(Musician, DJ, Producer)



年齢は単なる数字であって、オトナになるという境界線は人ぞれぞれ。定義できないからこそ、誰もが答えを探している。多感で将来のことを考え始める14歳の頃、みんなは何を考えて過ごしたのか?そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集。東京、NYに続くベルリン編には、年齢やバックグラウンド、仕事の異なる個性豊かな15名をピックアップ。
ラスト15本目を飾るのはドイツ人ミュージシャン兼DJ、プロデューサーを務めるグードルン・グート。3枚目となるソロアルバム『Moment』をリリースしたばかりの彼女は、1970年代後半から現在に至るまでベルリンのサブカルチャー・シーンで活躍している。当時を語る上で欠かせないバンド、マニアD、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、マラリア!のメンバーとして知る人も多いだろう。その才能はバンド音楽の域を超え、レコードレーベルの設立、DJ、そして実験的なフェミニストコラボレーションと幅広く展開中。ベルリンのラジオ局『FluxFM』での収録を終えたばかりの彼女にインタビューを敢行。彼女はどんな10代を過ごしたのか、そしてユースたちへ送るメッセージとは?(→ in English)


ーー14歳のときはどんな子でしたか?


グードルン「北ドイツのリューネブルガーハイデに住んでいました。母と妹と3人暮らし、女系家族でしたね。母が仕事でいない午後は、妹と一緒によくハウスパーティを開いてたんです(笑)。友達を家に呼んで、こっそりタバコを吸ってましたね。母はとてもオープンだったので、わたしたち姉妹は自由でした。でも内心では少しだけもっと厳しくしてくれないかなと願ってたんですよ。たまに家の中を裸で歩き回る母は、とてもクールで温かい人。そんな生活の中で、わたしたちは自分たちでオーガナイズすることを学びました。妹と一緒にランチを作り、時々ディナーを準備して母を待つんです。技術的なことも習得しました。母は修理などが本当に苦手なので、わたしたちで電球やテレビを直してたんです。後でとても役に立ちましたよ、技術面に関しては何も心配ないですね」


ーー14歳のときにどんな24時間を送っていたか、円グラフに書いてみてください。







ーーでは、14歳のときにどんなことを考えていましたか?








ーー当時の思い出でよく覚えていることがあれば教えてください。


グードルン「学校でブンデスユーゲントシュピーレ(日本でいう体力テスト)がありました。アートは大好きですが、本当にスポーツが嫌いでして。友達と抜け出して茂みの中で初めてハシシタバコを吸ったんです。でもハシシは好きじゃなかったし、今でも好きじゃないですね(笑)」


ーー14歳のときに抱いていた夢は何ですか?


グードルン「うーん、覚えてないですね」


ーーでは音楽に夢中になったのはいつですか?


グードルン「10代の頃、ドイツのヴァージン・レコードのディストリビューターであるインディペンデントレコードショップ『Flash』で働いていました。通販システムがあったのですが、わたしは電話でレコードを販売できなかったので、メインの仕事は箱の梱包。その頃はヘンリー・カウやホワイト・ノイズのような変わった音楽を聴いてましたね。最近改めてホワイト・ノイズを聴いてるんですよ。デリア・ダービーシャー、元気にしてる? とても素敵でかなり変わった曲。いつも音楽に興味がありましたし、友達みんな音楽が好きでしたね。よく隣町のレコードショップへ行っては全新譜を聴くのですが、レコードを買える十分なお金はありませんでした。少なくとも試聴はできましたよ」







ーー楽器を始めたのはいつですか?


グードルン「7〜8歳の頃にフルートを演奏してました。祖母がピアノ奏者だったので、妹とわたしは楽器を習わなければいけなかったんです。それで祖母からアコーディオンを教えてもらいました。1979年にパンク・ロックが流行って、友達と一緒にバンドを組むことに。好きなドラマーがいなかったので、自分がドラムをプレイしたかったんです。最終的にドラムとシンセサイザー”Korg MS-20”を担当しました。Korgはいいメーカーですし、MS-20は未だにわたしのお気に入りのひとつです」


ーー作曲も担当されていますよね。


グードルン「実際のところ作曲が簡単ということに気付いたのは驚きましたね。他の人にとって難しいかもしれませんが、自分にとってはとても簡単なんです。わたしはクリエイティヴ、でも音楽、アート、映画、この中からどの道へ進むのか分かりませんでした。なので今でも自分のことはミュージシャンではなくアーティストミュージシャンと呼びたいですね。子どもの頃強制された反動で、リハーサルや練習が今でも好きではなくて(笑)。作曲と制作が大好きなんです。もちろんライヴも毎回楽しんでますよ」



“B-Movie: Lust and Sound in West Berlin 1979-1989 (2015)”



ーー1975年にベルリンへ引っ越して以来、あなたは常にベルリンのオルタナティヴ・ミュージック・シーンの中にいます。80年代の女性ミュージシャンの立ち位置はいかがでしたか?


グードルン「当時わたしたちは20代でとても若かったから、ミュージシャンとして活動することはとても自然でした。ガールズバンドもたくさんいましたしね。10年後に気付いたんです。うーん、ボーイズバンドはキャリアを築いているけど、わたしたちは違うって。それっておかしいですよね。当時はそれについて考えていませんでしたが、今は違います」


ーー音楽業界において、女性ミュージシャンは男性ミュージシャンに比べると残り続けることがまだ難しい状況です。それについてどう思いますか?


グードルン「そのことについてわたしはフェミニストです! 特に音楽業界は女性の声に耳を傾けることがとても重要。なぜなら、女性が男性よりも才能が劣っていることはないので。わたしのアートクラスの女の子は男の子よりも優れていました。エレクトロミュージックとデジタルアートにおける、女性・トランスジェンダー・ノンバイナリーアーティストの国際的なネットワーク『female:pressure』は、世界中のフェスティバル出演者たちの男女比を集計しています。80〜90%が男性です。しかし現在、少し変化があります。優れたフェスティバルはこの問題を認識し、改善しようと動いているんです。もう無視されていないってことですね。ライブをしなければ女性ミュージシャンの音楽はよくなりません。彼女たちにはもっと機会が必要なんです」


ーーミュージシャンを始めてよかったこと、大変なことはありますか?


グードルン「旅行は大変ですね。フライト、空港での待機、時差などがありますし。音響がよければ、ライヴはとてもおもしろいですよ。やっぱり楽しいですし、オーディエンスから得るものもあります。作曲が好きなんですが、これにはいい部分悪い部分どちらもありますね。何か新しいものを生み出すのは素晴らしいのですが、よく行き詰まります。一生終わらないんじゃないかと思う、あるいはそれが嫌いになる。まるで穴に入って二度と抜け出せないような感じ。でも突然アイデアを思い付くんです。その瞬間は最高なのですが、いつも浮き沈みが激しいですね。なんだかんだ言って大好きですよ!」












ーー当時はどんな音楽を聴いていましたか?


グードルン「グラム・ロック。デヴィッド・ボウイとT・レックスのマーク・ボランが大好きでした。初めて行った大きなライヴはジェネシス。『Flash』のボスがわたしたちを連れて行ってくれたんです。彼は若くてクール、ブライアン・フェリーのような人でした。10代の頃は友達とディスコへ行き、カンをはじめとするクラウトロックのライヴをたくさん観ました。今でもライヴとクラブナイトの両方が好きですね」


ーー14歳のときに影響を受けた、大好きだったものはありますか?


グードルン「当時は自分のことがよく分からなかったので、自分自身を見つけようとしていました。でも16歳の頃にファッションデザイナーであるクラウディア・スコーダのTVドキュメンタリーを観たことをはっきりと覚えています。こんなにも自由な人たちがいることをそれまで知りませんでした。自分がやりたいことをする、人生を経験しいろんなことに挑戦する女性たち。”すごい、とてもおもしろい!”。1920年代に活躍したダンサー、ヴァレスカ・ゲルトも好きですね。TVのトークショーに出演した彼女は化粧の濃い老婦人で、オーガズムを踊っていたんです。クレイジーで最高でしたね」


ーーいま14歳を生きている人たちに何かアドバイスはありますか?


グードルン「わたしはラジオが大好きで、新しい音楽をチェックするためにオンラインラジオをよく聴いています。新しい音楽を見つける手段としてラジオはとてもいいんですよ。ベルリンにはいいラジオ局がいくつかありますし、その中でわたしはCashmere Radioが好きですね」


ーー彼らに伝えたいメッセージはありますか?


グードルン「勇気を出して」


ーー最後に何かお知らせがあればどうぞ。


グードルン「最新アルバム『Moment』が発売中で、現在リミックスを制作しています(8/16発売予定)。マラリア!のダブルアルバムを今秋リリース予定、ちょうどアルバムのジャケットカバーに取り掛かっているところです。いつか日本でもライヴしたいですね、多分わたしが80歳のときかな!」



Malaria! "Your Turn to Run" (1991)













photography Noel Richter
text Yukiko Yamane



Gudrun Gut
www.gudrungut.com
@gutgudrun:https://www.instagram.com/gutgudrun/




(This interview is available in English)






Age is just a number and there is no clear definition of being what is an adult and every person is different. We can’t define it, so everybody is looking for their own answers in life. 14 is a sensitive age. It’s when you start thinking about your own future, so we wanted to make a series of age 14. After the Tokyo and New York issue, we selected 15 people in Berlin who have very diverse background, different ages and professions for 14 Issue in Berlin.
Final interview is with German female musician Gudrun Gut. She just has released her acclaimed 3rd solo album “Moment” and is active in Berlin’s subculture scene since the late 1970s as a part of Mania D, Einstürzende Neubauten, and Malaria! etc… Her talents extend beyond music to founding record labels, djing and experimental feminist collaborations. We got an opportunity to have an interview with her after her radio interview at FluxFM. What were her teenage years like and what is her message to the youth of today?


—Could you tell us about yourself when you were 14 years old?


Gudrun: I grew up with my mother and my younger sister in the Lüneburger Heide in Northern Germany. Kinda like a female family. My sister and I used to have parties at our house in the afternoon before my mother came back from work, haha. We invited our friends and secretly smoked cigarettes. My mother was very open minded and we could do what we wanted but then I secretly wished she would be a bit more strict with us. Sometimes she walked around naked in the house. She was pretty cool and warmhearted. We learnt to organize ourselves: making lunch together and sometimes making dinner and waiting for her. All the technical stuff as well. She was technically really bad, so we fixed the lightbolts and TV stuff by ourselves. That was good for my later life – no fear of technic.


—What did you do in those days?







—What did you think about at age 14?







—Please tell us your most memorable moment at age 14.


Gudrun: There were the “Bundesjugendspiele (Sports event)” at school. I loved art but really hated sports. Then my friends and I skipped out of it and I smoked my first hashish cigarette in a bush. But I didn’t like it and still don’t like it, haha.


—What did you want to do when you were 14 years old?


Gudrun: No, I don’t remember it.


—When did you get into music?


Gudrun: I already worked at an independent music store called “Flash” which was a Virgin Records distributor in Germany when I was a teenager. It had a mail order system and I was just packing boxes of record because I wasn‘t allowed to sell the records on the phone. I listened to strange music like Henry Cow and White Noise. Recently I started to listen to White Noise again. Hey Delia Derbyshire! Very nice and pretty weird stuff. I was always interested in music and all my friends were into music too. We often went to the record shops in the next big city and listened to the all the new stuff but I didn‘t have enough money to buy all records. At least we could listen.







—When did you start to play instruments?


Gudrun: I played flute when I was 7 or 8. My grandmother was a piano player, so we had to learn an instrument. I learnt to play the accordion from her.
In 1979 there was the punk movement and I started a band with my friends. I wanted to play drums because I didn’t like the other drummer. I played drums and a synthesizer: “Korg MS-20”. Korg is still a good company and the MS-20 still one of my favorite.


—Also you are writing music.


Gudrun: I was actually surprised to find out how easy it is to compose. It‘s weird, maybe it‘s hard for others to compose, but it‘s very easy for me. I‘m a creative person. I wasn‘t sure if I‘d go into music or arts or film or something like that. I‘m not so much like a musician, I‘m an artist musician.
I never liked rehearsals and practiceing because I had to do that when I was a child, haha. I love composing and producing and production. Of course I always enjoy playing live too.



“B-Movie: Lust and Sound in West Berlin 1979-1989 (2015)”



—Since you moved to Berlin in 1975 you are a part of the alternative music scene in Berlin. How was the position of female musicians in eighties?


Gudrun: We were very young in our twenties, so for us it was very natural to do this. There were a lot of girl bands too. Ten years later I realized, hmm all the boys are making careers, but we are not. It’s strange. We didn’t think about it then but now it is different.


—In general, it’s still more difficult for female musicians to survive in the music industry than for male musicians. What do you think about it?


Gudrun: I am a feminist when it comes to that! I think especially in the music industry it is very important to hear female voices because they are not less talented than men. Normally my art class girls are better than the boys. The International network of female, transgender and non-binary artists in electronic music and digital arts “female:pressure” counted the number of acts at festivals all over the world. 80-90% is male. But now it’s the changing a bit. Good festivals realized this and try to work on it. They are not ignoring it anymore. Female musicians have to play live because if they don’t play they can’t get better. They need more opportunities.


—What good and hard things have happened to you since you started your work?


Gudrun: Traveling is hard for me. Flying, waiting at the airport, time differences and so on. Actually the concerts are very enjoyable if the sound is good. Lots of fun and you can get something back from the audience. I like composing and writing music but both have their good and bad parts. It’s great if you create something new but often you get stuck. You think you never can finish it or you just hate it. Like crawling into a hole and you think you never get out. But suddenly you come up with the idea. It’s wonderful but always pretty much up and down. Anyway I love it!












—What did you listen at age 14?


Gudrun: I listened to glam rock. I loved David Bowie and Marc Bolan of T. Rex. My first big concert was Genesis. The boss from “Flash” brought us to the concert. He was a young guy and cool, looked like Bryan Ferry. In my teenage we went out to the discos and we saw lot of Krautrock like CAN etc… I still like both concerts and club nights.


—What inspired you then?


Gudrun: I was very confused and tried to find myself. But I remember clearly watching a TV documentary about the fashion designer Claudia Skoda when I was 16. I didn’t know there were people like this who were free. Women who do what they want, experience life and try different stuff. “Wow, that’s very interesting!”. I really like Valeska Gert a dancer from the 1920s. She was on a TV talk show as an old lady with a lot of make up and was dancing an orgasm. Crazy and fantastic.


—Is there anything you would recommend to 14 years olds?


Gudrun: I really like the radio and often listen to it online for checking the new music. I think the radio is very good for finding new music. Berlin has some good radio stations and I like Cashmere Radio.


—Is there any message to them?


Gudrun: Be brave.


—Do you have any upcoming news that you want to share with the readers?


Gudrun: My new album “Moment” is already out and I’m working on the remixes now (release on 16th of August). We release a double album by Malaria! this autumn and are currently working on the sleeve. One day I hope I play in Japan - maybe when I’m 80!




Malaria! "Your Turn to Run" (1991)












photography Noel Richter
text Yukiko Yamane



Gudrun Gut
www.gudrungut.com
@gutgudrun:https://www.instagram.com/gutgudrun/

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/music-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング