ドレス×ストリート “SLIGHTLY OFF” をテーマに、OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ 2020-21AWウィメンズコレクション発表

NeoL / 2020年3月9日 12時0分

ドレス×ストリート “SLIGHTLY OFF” をテーマに、OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ 2020-21AWウィメンズコレクション発表


OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH(オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー) 2020年秋冬コレクションが、2020年2月27日(木)フランス・パリで発表された。


今季のコレクションは、”SLIGHTLY OFF” = ”何かが違う、ちょっと可笑しな” がテーマになっている。車がアスファルトの地面へとのめりこんでしまったかのような、ユニークな演出が施されたショー会場。従来のワードローブに遊び心溢れるアレンジが施されたアイテムが並んだ。 


例えば、片方のウエスト部分が大きくくり抜かれた白いワンピースや複数のスリットが入ったコート、片方の裾だけが伸びたジャケットなどアシンメトリーなシルエットが多くみられ、クラシカルな印象になりがちな千鳥柄の一部を歪ませるなどして、不均一な表情を演出。ベルトの代わりにギャザーがあしらわれているジャケットなど、ガーリーな印象のアイテムも今季の特徴である。


シックなストラップドレスにネオンカラーのアイテムを差し込んでみたり、ブルーのアノラックパーカーと純白のチュールドレスというちょっと可笑しな組み合わせなど、ドレスとストリートという、相反する要素のドッキングが観客の視線を引きつけた。
























































































Off-White(オフホワイト)
ネットで熱狂的興奮を巻き起こしたストリートブランド、PYREX VISION(パイレックス・ヴィジョン)やRSVP Gallery(アールエスブイピー・ギャラリー)を手掛けたVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が2014年にスタートさせたブランド。2015年からパリのファッションウィークでメンズコレクション、続いてウィメンズコレクションをランウェイ形式で発表している。
20世紀のモダニズム建築にインスピレーションを得た力強いグラフィックデザインが特徴で、イタリアに生産背景を持ち、ハイクオリティでバリエーション豊富なコレクションを展開しています。現在のユースカルチャーに深く根付いた、彼のストリートウェアに対するヴィジョンは、世界中の多くのファッショニスタから支持を得ている。


URL:https://www.off---white.com/en-jp/


関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/fashion/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング