.nl issue: 初となるジェンダーフルイドハイヒールを制作するなど、建築とファッションを組み合わせ常に靴の可能性を拡大し続けるUnited Nude/Interview wit Rem D. Koolhaas, founder of United Nude

NeoL / 2020年3月28日 17時0分

.nl issue: 初となるジェンダーフルイドハイヒールを制作するなど、建築とファッションを組み合わせ常に靴の可能性を拡大し続けるUnited Nude/Interview wit Rem D. Koolhaas, founder of United Nude

 

オランダのクリエティヴ業界を盛り上げているアーティストたちを取り上げる「.nl Issue」。近年、多くの国が国境を閉鎖しナショナリズムが高まり、世界共通の言語でもあるアートを通して団結することが以前よりも重要となってきている。NeoLでは、現在の状況と予測不可能な未来のために、議論ができる空間を様々な形で人々に提供するアーティストやアクティビストへのインタビューに取り組み続けている。本特集では、限界に挑み続け、フロントランナーとして走るオランダに在住するアーティストを紹介し、国の魅力についてはもちろん、今現在の環境、社会構成、政治などの問題を乗り越えるために必要とされる緊急性と行動力を喚起したい。
17年前、Rem D. Koolhaasは、建築とファッションの分野を組み合わせるというリスクを冒し、United Nudeが生まれた。シューズと建築の間の完璧なバランスを生み出したブランドは、リテール業界を席巻。LADY GAGAでさえドアをノックし、Issey Miyake、Zaha Hadid、Iris Van Herpenなどとコラボレーションし、このブランドは止まることを知らぬ勢いを持つと知らしめた。モデルのShaun Rossとのコラボレーションでは、幅広いジェンダーレスシューズを発表し、靴の未来が持つ無限の可能性を世界に再び示した。見事な見た目と快適さを兼ね備えていることでも最強なUnited NudeがNeoLに登場する。(→ in English)
 
-United Nudeは2003年にメビウスシューズの制作とともに設立され、それ以降数え切れないほどのデザインを発表しています。新しい10年の始まりに、改めてデザインの原動力は何か教えてください。
 
Rem「私たちのデザインアプローチは、長年の間にかなり変化しました。初期は常にコンセプトを優先して形作っていましたが、今は快適さとメイクアビリティにも非常に気を配っています。履いてくれる方のお気に入りになることができる靴を作ることが目標であるため、快適さが主要な優先事項の1つになってきたのです。これは私たちの靴が以前ほど面白くないという意味ではなく、制作技術が上達したということですね」
 

ーーUnited Nudeが3Dプリンティングでの実験を行なっている何年も前に、この技術は高価で、おそらく独占的に使われるだけだろうと言及していますね。そこから時が流れましたが、まだこの意見に賛成ですか、それとも3Dプリントで作られたシューズがマスに販売される時期にきていると思いますか。
 
Rem「私はまだ大量生産の方法としての3Dプリンティングは従来の生産方法と競合することはできないと思っています。ですが、3Dプリントの現状については、現実的な視点だけでなく常に様々な将来の可能性をポジティヴに見据えていますよ」
 



Los Res Car
 
ーー靴はファッションと建築の中間に位置しています。あなたのデザインアプローチは他とは非常に異なるように思いますが、新しい靴をデザインするときに行うクリエイティブの過程について説明していただけますか。
 
Rem「私はいつも靴(特にハイヒール)の構造を小規模な建築物として捉えています。カンチレバーの建物から得られるのと同じ興奮を同様の構造の靴のかかとからも得るのです。重力に逆らうことは建築で行う最もマジックに近いことの1つです、どのような建築のスケールレベルでもね」
 
ーーストアのコンセプトもあなたにはとても重要ですよね。ほとんどのストアが特別仕様でデザインされていますが、United Nudeの店に足を踏み入れた消費者にどのように感じてもらい、どのような体験を作りたいと思っていますか。
 
Rem「そこも数年かけて少し変わっていますが、思い出に残るひとときを体験してもらいたいですね。デザインを変えているのは、他と違うものにすることが主要な目的ではなく、お店を改善しながらも何か新しいことに挑戦するためです。停滞することが嫌で、現在は一時的なポップアップショップやイベントスペースをよくやっています。私は空のギャラリースペースが大好きで、その時だけのヴァイブスを作り出すのも好きなんです。小売業は将来的にはそういう方向に向けて進むべきだし、そうなると思います。各店舗はギャラリースペースのように、そしてブランドは遊牧民のようになるんじゃないでしょうか」
 
ーーなるほど。UNは珍しいデザインにもかかわらず手頃な価格設定です。リーズナブルな価格で販売しながら、このような革新的な靴をどのように制作できるのでしょうか。
 
Rem「“価格ではなくデザインによってエクスクルーシヴである”。これはブランド設立当初から常に私たちの主な目標の1つになっているのですが、すべて生産量と生産地にもつながる部分なので簡単ではありませんでしたね」
 
ーーブランドはアジアのさまざまな国で成功を収めています。これらの地域では、なぜ靴に対する需要が高いのだと思いますか?
 
Rem「急速な経済成長と文化の変化が原因ではないでしょうか。だからこそ西洋ほど回顧的な志向ではないというか。デザインに関して、アジアの新しいもの、実験的なもの、未知のものへ惹かれることがよくあります」
 




UN x Issey Miyake SS20 Collection
 
ーーIssey Miyake、Zaha Hadid、Iris Van Herpenとコラボレーションしていますが、他にも進行中のコラボレーションはありますか?
 
Rem「私たちは最近、国際的なスーパーモデルのShaun Rossとともに、初となるジェンダーフルイドハイヒールを発売しました。それ以外にも、ロサンゼルスのデザイナーとのローカルでのコラボレーションをいくつか行っています。コンテンツ主導のブランドとして、私たちは常に複数のパートナーと同時にコラボレーションしていますよ」
 



UN x Issey Miyake SS17 Collection
 

ーーデザインしている靴が他のどれにも似ていないため、多くの人があなたにブランドを始めるようにすすめたそうですね。自分のブランドを維持しているデザイナーとして、自分のブランドを立ち上げることを目指しているデザイナーに何かアドバイスはありますか?
 
Rem「何かユニークなものを作ってください。必ずしも独自のプロダクトである必要はありませんが、それを作ることで自分だけのマーケティングや販売戦略にすることができます。理想的には3つすべてを備えた方がいいですね。また、現実的な計画と十分な資金がなければブランドを立ち上げないことをおすすめします。多くの新しいブランドが、財政上の制約のために成功していないのが実情です」
 
ーーあなたは建築家Rem Koolhaasの甥ですが、2人を比較したりないまぜにするような質問をされることにうんざりしていますか?
 
Rem「まさに、紛れもなくイエスです」
 
ーーでは次の質問にしましょう。Tech-wearはファッション業界で最近話題になっていますが、シューズの未来はどのようになると思いますか?
 
Rem「ますます実用的なものになると思いますし、Tech-wearはその方向性にぴったりなものです。快適さと製品エンジニアリングが向上し続けるのは本当に素晴らしいことです」
 



ILABO shoes
 
ーー以前にLADY GAGAの靴をデザインしましたが、どのような人が自分の靴を履くと想定して作っていますか。
 
Rem「強くて自信のある女性と男性」
 
ーーデルフトのTU工科大で建築の修士号を取得しています。オランダは建築の最前線として有名ですが、なぜこの国は革新的な建築家を生み出し続けているのでしょうか。
 
Rem「オランダ人は潤沢な国土を持っていなかったので、生き残るために創造的になる方法を学びました。彼らは造船業者になり、国際的な海上貿易を始めました。何世紀にもわたってオランダの文化に創造的な革新をもたらしたのは、その同じ精神だったと思います」
 



SS20 Collection: Square Sandal Hi Shoe
 



SS 20 Collection: Glam Slingback Shoe
 



 
 
text Ayana Waki
 




 
17 years ago, Rem D. Koolhaas took a risk to combine the fields of architecture and fashion. Thus United Nude was born; a shoewear brand that created an unbeknownst perfect balance between footwear and architecture hit the streets of retail. With even Lady Gaga knocking on their doors and collaborating with the likes of Issey Miyake, Zaha Hadid and Iris Van Herpen, they have proven that the brand has no plan on stopping. Their most recent collaboration with model Shaun Ross, launched a range of genderless shoes, showing the world again, the endless possibilities that the future of footwear has in store. Who knew that shoes could look this stunning and be so comfortable simultaneously.(→ in English)
 
-United Nude was established in 2003 with the creation of the mobius shoe and has been launching countless designs ever since. As the start of a new decade begins, what is and will continue to be a driving force behind the design for the shoes?
 
Rem: Our design approach has changed quite a bit over the years. In the beginning, we always put concept and form first as where now we are so much more aware of comfort and make-ability. Our goal for our shoes is to make products that can become its wearer’s favourite and therefore comfort has grown as one of our main priorities. This doesn’t mean our shoes are less interesting than before, but it means we’ve become better at what we’re doing.
 
-You mentioned years before that United Nude was experimenting with 3D printing; a technique you said was expensive and probably only to be used exclusively. As more time has passed, do you still stand by this comment or do you think it could be time for a 3D printed shoe to be sold on the mass market?
 
Rem: I still think that 3D Printing as a mass production method cannot compete with more traditional production methods such as injection moulding. Nevertheless, besides me just being realistic about the current state of 3D printing, I’m always open minded and optimistic towards its potential for the future.
 



Los Res Car
 
-As the shoe is a cross between fashion and architecture, I assume your approach towards design is very different from others. Could you explain the creative process you undertake when designing a new shoe?
 
Rem: I always saw shoes (especially high heels) as structural small-scale architectural objects. The same excitement you would get from a cantilevered building, I would get from a cantilevered heel of a shoe. Defying gravity is one of the most magical things to do in architecture, no matter at what architectural scale level.
 
-The store concept is also something you value, as most UN stores are custom designed. When someone walks into a United Nude store, how do you want them to feel and what kind of retail experience did you want to create for the consumer?
 
Rem:Also this has slightly changed over years, although it’s still mainly about experience. To create a memorable moment. To design something different, not for the sake of being different, but for trying something new whilst aiming to improve. The problem I have with retail is that it’s mostly too stagnant and therefore I currently prefer temporary pop-up shops or event spaces. I just love an empty gallery space and to create temporary vibes. I think that the entire future of retail should and will go towards this. Each store in the future will be set up like a gallery space and brands become more nomadic.
 
-The shoes are affordable for their rare designs. How are you able to create such innovative shoes whilst retailing them at a reasonable price?
 
Rem: This was always one of our main goals from the very beginning, “Exclusive by design, not by price” we would say, and this still stands today. This hasn’t always been easy as it’s all related to production quantities and where we produce.
 
-The brand has successfully launched in various countries in Asia. Why do you think there is such a high demand for your shoes in this part of the world?
 
Rem: I think the brand is popular in Asia because of its rapid economic growth and cultural change. Therefore, there’s also less retrospect than the West. When it comes to design there’s often a more open mind towards the new, the experimental and the unknown in Asia.
 



UN x Issey Miyake SS20 Collection
 
-The brand has collaborated with Issey Miyake, Zaha Hadid and Iris Van Herpen to mention a few. Is there another collaboration in the making?
 
Rem: We recently launched our first gender fluid high heel for men and women with international super model Shaun Ross. Besides that, we are also working on a couple of more local collaborations with designers in Los Angeles. As a truly content driven brand, we are always collaborating with multiple partners simultaneously.
 



UN x Issey Miyake SS17 Collection
 
-Many people encouraged you to start your own brand because the shoes you were designing didn’t look like anything else on the market. As a designer of a self initiated brand, what is some advice you would give to an aspiring designer aiming to launch their own brand?
 
Rem: Make sure you offer something unique. This doesn’t necessarily need to be a unique product, but could also be a unique marketing, or sales strategy; Ideally all three. I would also suggest not to start a brand without a real plan and substantial funding. A lot of startup brands don’t make it because of financial limitations.
 
-You are the nephew of architect Rem Koolhaas, do people get mixed up between the two of you? And are you tired of being asked this question?
 
Rem: Yes and yes.
 
-Tech-wear is something that has become a recent topic in fashion. But, how do you foresee the future of footwear to look like?
 
Rem: I think the future will be more and more utilitarian and tech-wear is totally about that. This is really great, because comfort and product engineering will continue to improve.
 



ILABO shoes
 
-You have previously designed shoes for Lady Gaga but is there a particular type of woman/man you envision your shoes to be worn by?
 
Rem: Strong and confident women and men.
 
-As you have a masters degree in architecture from the TU institute in Delft and The Netherlands is famous for being a country at the forefront of architecture, why do you think this country continuously produces innovative architects?
 
Rem: The Dutch didn’t have much and learned how to be creative to survive. They became ship builders and were the first to internationally trade by sea. I think it was that same spirit that made creative innovation part of the Dutch culture for centuries.
 



SS20 Collection: Square Sandal Hi Shoe
 



SS 20 Collection: Glam Slingback Shoe
 




 
text Ayana Waki
 
 

United Nude
Commencing with its inaugural ‘Möbius’ shoe, the brand continues to push the boundaries of footwear design by collaborating on innovative limited releases with high profile designers including IRIS VAN HERPEN, ZAHA HADID, and ISSEY MIYAKE.The brand, based in Los Angeles, is sold in over 50 countries worldwide, with concept stores in Amsterdam, Dubai, Vienna, Tel Aviv, Tokyo, Taipei, Jakarta, and Beijing.
https://unitednude.com/
https://www.instagram.com/unitednude/?hl=nl

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/fashion/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング