たまには気分を変えて…"女性から誘う"のはアリだと思う?

NewsCafe / 2013年6月7日 12時0分

写真

たまには気分を変えて…"女性から誘う"のはアリだと思う?

光沢の美しい羽根が特徴のクジャクだが、あの麗しい尾羽を持つのはオスだけ。メスの尾羽が地味な土色なのはご存じの通りで、オスは特権とばかりに派手派手しい羽根を大きく広げ、求愛するのである。
熱帯に生息するオナガセアオマイコドリのオスは、これまた頭は赤、背中は青の派手な配色。メスに求愛するときは、なんと弟子のオスを連れてきて2羽で踊るというから面白い。また、アオアズマヤドリのオスは繁殖期になると巣を作り、それをさらに"青色のアイテム"でデコレーションしてメスを待つ。このように鳥たちの世界では「オスが苦労してアノ手コノ手でメスにプロポーズし、交配を誘う」パターンが圧倒的に多い。
人間も"セックスの誘い"といえば男性からが一般的だが、せっかくヒトと生まれたからにはイレギュラーなケースを試してみるのもいいのではないだろうか。そこでNewsCafeのアリナシコーナーでは「女性からHを誘うのはアリだと思う?」という調査を実施した。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…84.5%】
■人間だもの。男女関係なく性欲はあるでしょ。
■恋人・夫婦限定なら、女性からHを誘うのもアリだが、それ以外はナシ。
■そういう気になる事もあったね。別に恥じる事はない。
■好きな人には甘えちゃう時あります。
■でも、気持ちに気付いたら誘って欲しいケドね。
■草食系男子が多くなっているから別にいいと思う。
■男女平等でしょ!
■でも、そういう時に限って男の方のテンションは低い。
■女だって誘いたい時があるよね? 当たり前な世の中になって欲しい。
■誘ってくれたら嬉しい。

【ナシ…15.5%】
■キスやハグは有りだけど…Hは信用信頼できないと、無理です。
■女からは嫌だ。
■私はありませんが。
■私は恥ずかしくて旦那さん誘えない。
■言葉じゃなく、そっと手を握ってくる恥じらいのある女性がタイプ。

結果は【アリ派】が8割超と圧倒的。【ナシ派】に寄せられたコメントも「直接言葉にするのではなく、雰囲気や態度で伝えるならアリ」という内容のものが多く、結局のところ9割以上の人が「伝える手段によってはアリ」だと考えているようだ。あまりに強引だったり、ムードが壊れるような誘い方が敬遠されるのは、男性でも女性でも変わりないだろう。
どうしても気恥ずかしいときは、鳥たちのように「踊ったらお誘いの合図」と決めておくのもいいかもしれない!?

[文・能井丸鴻]

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング