イナゴ、ハチノコ、セミ…究極の栄養食「昆虫」食べるならドレ?

NewsCafe / 2013年6月16日 15時0分

写真

イナゴ、ハチノコ、セミ…究極の栄養食「昆虫」食べるならドレ?

先月、国際連合食糧農業機関(FAO)が「昆虫を食べることが世界の食糧問題に対処する一助になり得る」とする報告書を発表し、各種メディアで大きく取り上げられている。「アフリカやアジアを中心に、世界では1900種以上の昆虫が食糧とされており、栄養価が高くダイエットにも有効である」…理屈はわかるが感情が拒絶する、という人も多いことだろう。
しかし、そんなニュースを虫ブームの前兆と捉えたのか、都内レストランで「イナゴのペペロンチーノ」が提供されるなど、世の中の「虫グルメ事情」には動きが広がっている様子。
そこでNewsCafeでも「虫を食べるとしたら何がいい?」というアンケートを実施した。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。
※回答総数…879件

【1位】イナゴ(33.1%)
■イナゴおいしいよ…小さい頃から佃煮食べてます。給食でも食べたし。何でも小さい頃から食べてれば抵抗ないのかも…。[女性/30代/公務員]
■佃煮おいしいよ。幼虫系は無理だな。ぷちっとしそうで。あとは大丈夫かも。[女性/20代/主婦]
■地元だと、食す文化があるし、実際に食べられる。[男性/10代/フリーター]

【2位】ハチノコ(蜂の幼虫)(24.9%)
■栄養満天で実際にうまい。[男性/40代/会社員]
■地元では当たり前ですから。ハチノコ、ざざ虫、イナゴは信州を代表する珍味です。[女性/40代/会社員]
■グロテスクではない甘いような感じ。[男性/30代/その他]

【3位】サソリ(3.5%)
■見た目が一番大丈夫。幼虫やいかにも虫です。って顔つきのは無理![女性/30代/主婦]
■エビに近い感じがするし虫っぽくないから(笑)。[男性/50代/会社員]
■油で揚げたらカリカリしておいしいのかも? 酒の肴になりそう。[女性/20代/会社員]

【4位】タガメ(1.9%)
■あとアリはありかな…。[男性/20代/会社員]

【5位】セミ(1.2%)
■幼虫は唐揚げにするとうまいと聞いたことがある。[男性/40代/会社員]
■パリパリしてそう。[男性/20代/会社員]

そして6位は【カイコ(0.6%)】という結果に。

やはり「イナゴ」「ハチノコ」が圧倒的に人気。日本の一部地方で一般的に食されているため予想はできたが、思った以上に肯定的なコメントが寄せられた。FAOが主張するような"食糧問題に対処するための代用食"という感覚ではなく、食材の一種と捉えている人が多い様子。
また、面白いのは3位に「サソリ」がランクインしているところだ。調べた限り日本国内にサソリを食べる地域はないが、見た目がエビ・カニなどの甲殻類に似ているから…という理由が挙がっている。
その他では「ミドリムシ。栄養豊富そうだから」「蜘蛛ってチョコレートの味がするらしい」「細い幼虫を揚げたのをどこかの国で売ってるよね。それならぱりぱりで幼虫の味あまりしなさそう」など、様々な"虫グルメ"への前向きな意見が届いている。
そしてもちろん「虫を食わなきゃいけないくらいならベジタリアンになった方がマシだわ!!」「もし食べ物が虫だけになったらその時は諦めて餓死します」「全部イヤだぁ!! 絶対にイヤだぁ!! 食べなきゃ死ぬって言われても無理だぁ!!」という激しい拒否反応も多数。昆虫食がこの先浸透するとしても、好き嫌いがはっきり分かれるメニューであることは間違いないだろう。

[文・能井丸鴻]
[写・Takashi(aes256)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング