復帰の噂チラホラあるも…矢口真里の今後に、視聴者は「ナシ」多数

NewsCafe / 2013年7月27日 12時0分

写真

復帰の噂チラホラあるも…矢口真里の今後に、視聴者は「ナシ」多数

タレント・矢口真里の"自宅不倫"騒動発覚から2カ月が経過したが、状況は当時から何の変化もない。釈明会見なども特に行われず、矢口は体調不良でレギュラー番組などすべての仕事を休んだままだ。雑誌「週刊ファミ通」(エンターブレイン)で連載していたコラム「ゲーマーです。」の休載も明らかになり、完全に表舞台から姿を消した格好である。
そんな状態ながら、各種メディアではいまだ彼女の話題が絶えない。あの番組で復活するらしい、あの大物タレントが彼女を手助けするらしい…など、すでに復帰前提で話を進めるニュースや記事もチラホラ。しかし、なし崩しのカムバックがお茶の間に受け入れられるのだろうか。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでも「矢口真里の復帰…アリかナシか?」という調査が実施された。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…25.6%】
■復帰は本人と関係者が決める事、ただし需要が有るとは限らない。
■そんじゃぁ、男の不倫も同罪にすべし。
■薬物犯罪者の復帰の方が理解できない。まだ不貞の方が許せる。
■浮気して離婚した芸能人なんて沢山いるし。
■弁解を聞いてみたい…心証はトコトン悪いケド(苦笑)。
■矢口やるやん。いつも女が泣かされてるんやし。開き直っちゃえ。
■人を殺したわけでもなかろうに…。
■芸能界は普通の世界とは違う。需要があるならいいと思う。
■ちょっとナシの人言い方キツすぎ。
■犯罪じゃないし…ただ、どの面下げて出てくるんだろうとは思う。

【ナシ…74.4%】
■もういいでしょう。このまま引退で…バイバイ。
■やった事がヒド過ぎ。逃げを選んだ。代わりはいくらでもいる。
■いなくてもテレビ業界困ってないし何にも変わりないよ。
■私だったら、恥ずかしくてもう出たくない。
■あるわけないじゃん。顔見るだけで不快。
■アリとかナシ以前にムリ。
■寝室不倫常習だったとしか思えない。
■正直もう見たくないかな。好きなタレントだっただけに残念。
■イヤってワケではないけど、そーいう目でみてしまう、きっと。
■不倫も良くないけど、その後の仕事に対する態度が良くない。

結果は【ナシ派】7割超…なかなかに厳しい、現実的な数字だ。もしも矢口がこれから復帰するつもりなら、この"視聴者の目"を覚悟しなければならないだろう。寄せられた声からは、騒動自体はもちろんのこと、その後の徹底した"逃げ"の態度が評価を下げているのを見てとれた。
一方の【アリ派】にも少なからぬ票が寄せられてはいる。しかし「過去に不祥事を起こした芸能人に比べれば大したことはない」など"より悪いケースと比較した場合"のコメントが多いようで、彼女の復帰を応援したいという雰囲気ではなさそうだ。
説得力があったのは「あんな裏切りをして何カ月も謝罪ナシで…会社ならとっくにクビ」という意見。確かにこれが一般的な職場であれば、完全に"仕事放棄"と見なされるだろう。到底許される事ではない。しかし舞台は芸能界…この逆風をモノともしない、面の皮の厚さが必要な世界なのかもしれない。

[文・能井丸鴻]

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング