初めての「ネット選挙」消極的に参加してみた。

NewsCafe / 2013年7月24日 19時0分

初めての「ネット選挙」となった参議院選挙が終わりました。結果は、各メディアの事前の世論調査通りに、自民党の圧勝で、公明党との議席を合わせて与党は過半数を超えました。これにより、自民党が言っていた「衆議院とのねじれの解消」が実現することになりました。

私はこの「ネット選挙」に消極的なスタンスを取りました。周囲のメディア関係者がこぞって「ネット選挙」に乗っかりながら取材をしていました。私はこの流れにあえてさからってみることにしました。各党がネット選挙でLINEやTwitter、Facebook、公式サイトなどを充実させていました。私は各党のLINEの友達登録をせず、Twitterもフォローせず、Facebook、公式サイトを見ませんでした。

消極的な姿勢で望むと、私のネット上の付き合いと政治との関係が見えてきます。私のTwitterのタイムラインには、ほとんど政党の情報が入ってきません。政策的な話は「原発」が多かったとは思います。これは、どのメディアのTwitter分析でも、ユーザーのつぶやきで政策面の言葉があったのは「原発」関連ですが、私のタイムラインも似ていました。また、各社の分析では経済政策が入っていますが、私のタイムラインではほとんど見られず、むしろ、漫画やアニメなどの規制問題が浮上しかねない「児童ポルノ法改正」の問題が多かったのです。

こうしたタイムラインに流れる文字の差は、日常の関心の差によるものだと思います。今の日本で「ネット選挙」導入だからといって、政治関連のつぶやきが極端に多くなるのか、または多様性がある情報がつぶやかれるのかと言えば、まったく違うのではないかと思わせました。積極的に政党や候補者の情報を入手するようなヘビー層がそれほど多くないのではないかと思ったのです。

検索エンジンで検索されたキーワードやTwitterでつぶやかれた文字と、参院選挙との関連で見てみても、党名で言えば自民党が最も多いのですが、私のタイムラインで「自民党」の文字はほとんど見ませんでした。ただ、検索キーワードで上位のもので私のタイムラインに現れた候補者がいました。「山本太郎」と「鈴木寛」で、この二人はGoogleのキーワード検索で2位と3位だったようでした。東京選挙区で出た2人の名前ですが、選挙終盤、この2人が当落線上にいると感じたのか、お互いの支持者がネガティブキャンペーンをしていたのです。つい、私もこの二人だけは公式サイトを見てしまったのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング