韓国女性が結婚に求める条件

NewsCafe / 2013年8月16日 17時30分

お隣、韓国のニュースサイトランキングの堂々トップを飾っていたのは「結婚詐欺」に対する男女の意識調査の結果についての記事だ。
韓国も今、すさまじい勢いで晩婚・非婚・少子化が進んでおり、結婚動向は常に注目に的なのであるが、ここではそんな結婚の裏に潜む犯罪、「結婚詐欺」について、韓国の婚活サイト「Bien Aller」と「Feeling You」が合同で

「どうして結婚詐欺が起こるのだと思いますか?」

との質問を536人の独身男女に尋ねたという。(男女それぞれ268人)

そもそもなぜ結婚詐欺が横行するのか?
これは韓国のみならず日本でも問題になっている。一昔前のように適齢期になればサクッと結婚できる時代ではない。結婚したくてもできない、という男女が急増する状況の中で結婚詐欺は「需要がある犯罪」ということになり、さらに一層増えていく可能性がある。


さて話を戻すが、この質問に対し、男女ども半数以上がこう答えたという。

「経済的、学歴の点を重視しすぎるから」。

これ、どちらかというと「女性がなぜ結婚詐欺にひっかかるのか」という点にポイントが置かれているようだ。(男性はどちらかというと、女性の年齢や容姿を見る率が高い傾向にあるため)

「なぜ女は結婚詐欺にひっかかるのか?」

・女性「やはり相手の収入や学歴にこだわるあまり、嘘プロフィールに簡単に引っかかってしまうのでは」
・男性「女性が男の収入と学歴しか見てないから。お金と学歴だけを見てすぐ引っかかる」

…このような感じだろう。
以前、テレビ番組で結婚詐欺に引っかかった女性がその男性を探し、追及するというものがあったが、その時も女性は「男性が某有名大学の教授だということで信用してしまった。ゼミが、学生がどうこう話していて、嘘には聞こえなかった」と語っていた。
要は肩書きにつられてしまったのだ。
どの点で引っかかりやすいのか、それは日韓ともに共通している部分がある。
日韓どころか世界中の結婚詐欺の引っかかりポイントは、

女性は若さと美貌、男性はお金と職業

なのだ。

この調査には続きがあり、

「どんな点で騙されるのが最悪か?」との質問に対し、男性は

「今までの婚姻歴に嘘があるのは最悪」と答える男性が半数以上だった。
そして女性は、

「経済面・学歴に嘘があるのは最悪」がそれぞれ19%ずつを占めていたのだ。収入と学歴、セットで38%だ。

もう、どうにもこうにも結局女性はこの二点をめったなことでは外さないことが判明してしまったのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング