新CEOは30代前半・女性に決定

NewsCafe / 2013年12月13日 16時0分

写真

新CEOは30代前半・女性に決定

「男女平等」が叫ばれるようになってからかなり経つのに未だ企業では女性の活用が進まない日本。
企業で女性が活躍できない→それでは女性は家庭に入って専業主婦になっているのか?→現実は結婚しない人が増えているし、子供を産んでいるわけでもない・・・。
日本の女性たちが「今後どうすれば?」と途方にくれる一方、男女平等意識が社会に浸透しているフィンランドでは女性がどのように社会・企業で活躍しているのでしょうか?
2010年からフィンランドに移住、日本人旅行者向けプロジェクトに携わるVisit Lakeusさんからの報告です!

『機会平等の国』from「Visit Lakeus」by Visit Lakeusさん

Moi!

昨日は留守中に溜まった新聞を一部読んでいたところ、驚きの記事がありました。家人が以前勤務していた会社、このたびCEOが定年退職するにあたり、社内外から時期CEOを募集していました。地元の新聞ですからこういうのもニュースになるのがおもしろいのですが、40人もの応募があったそうです。誰がCEOになるのかは、家人が元同僚などにバッタリ会ったときの最近の専らの話題でした。

そして昨日新聞を読んでいたら新しいCEOが写真入りでばばーんと載っていました。Eeva。ふーん、私も一人Eevaを知ってるし、ちょっと似ているけど、と思いながら記事を読み進むうちに、そのEevaは私の知っているEevaということが判明した。彼女はVisit Lakeus(ホームページはこちらです。)の訪問先の一つ、SELLAの責任者だったのです。

彼女はヘルシンキでIBM社に勤務していたそうですが、結婚後SELLAのあるKurikkaの街に越してきて、SELLAのCEOの職を得たと言っていました。

Eevaは30代前半。女性。前CEOは60代男性。たぶん彼女の部下はほとんど年上になるでしょう。もうこれだけでとにかく会社の英断に驚くのには充分な材料です。フィンランドでは女性のCEOや管理職も多いです。閣僚は女性の方が多いとも聞きました。今は違いますが、その前の大統領も首相も女性という時もありました。そして現首相、ユルキ・カタイネンン氏は若干44歳。日本の首相の平均年齢を考えると若い世代が政治を動かしています。そしてこの会社も30代に会社の舵取りを任せる大胆さ、まさに実力主義ですね。

たぶんこの会社の決断は特異だとは思いますが、それでも日本の状況に比べると、派閥や利害関係なしに下した純粋な決断なのだろうと想像します。今後の展開も楽しみです。

最後にまた本文には関係ありませんが、晴れの日に撮ったLakeuden Risti教会の時計塔。雪があるとまた雰囲気が違いますね。

・Visit Lakeusさんの記事をブログページで読みたい方は「Visit Lakeus」http://visitlakeus.blog.fc2.com/へ!

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング