実は使える言葉 「キャプテン」

NewsCafe / 2013年12月16日 18時15分

「語学に王道なし」・・・それはアラビア語でも同じ。
このアラビア語、まず、文字がどこからどこまでなのか不明。どこから読めばいいのかわからない。今まで親しんだアルファベットは見当たらない・・・。
「そんなんじゃアラビア語会話なんて無理じゃん!」と諦めることなかれ・・・。世界、どこでも「これは通じる」という魔法のような単語があるのだ。

カイロ在住でイスラム文化に詳しい上智大学アジア文化研究所客員所員の飯山陽さんがエジプトで使える便利な単語を教えてくれています!

『合い言葉は「キャプテン」!』from「どこまでもエジプト」by 飯山陽さん

アラビア語というのは、本当に難しい言語です。
あの語学の天才井筒俊彦をして「難しい」と言わしめた言語ですから、一般凡人にとっては言わずもがな・・・です。
理由はいくらでもあげられるのですが、言語の種類が他の言語とまるっきり異なっているので、アルファベットを用いるラテン語系諸言語とは異なり、文字面を見ても文法が理解できていないと解読できない、単語をそのまま辞書で引いても載っていない、といった数々の困難が学習者の前に立ちはだかります。
私は大学で、第三外国語かなんかとしてアラビア語を選択して以来、もう20年近いつきあいになりますが、それでもやっぱり、まだまだ難しいと思います。

アラビア語は書き言葉と話し言葉が大きく異なるのも特徴のひとつで、方言の種類が多岐にわたり、例えばアラビア語エジプト方言を母語とするエジプト人は概ね、アラビア語モロッコ方言を殆ど理解することができません。

・・・と前置きが長くなりましたが、エジプト人はエジプト語(アラビア語エジプト方言)を話します。

仕事などの関係でエジプトに住むことになった日本人のなかには、エジプト語を少しでも理解したい!という思いから学習をスタートする人もいるのですが、全然わかった気にならないままに挫折する人が多いようです。(・・・というか、大学でアラビア語学科に属し、カイロ等に留学した人たちの中ですら、アラビア語をちゃんと話して読める人というのは滅多にいない、というのが実情です。)

そんな方々、またはエジプトに旅行にくる方々などに、是非おぼえておいていただきたい言葉があります。

それは・・・「キャプテン」です。

なんでキャプテン?!と思われる方も多いと思いますが、これが意外に使えるマジカルワード(笑)なのです。
エジプト在住の方も、旅行者の方も、かならず飲食店は利用すると思いますが、そこでメニューがほしい、注文をとってほしい、会計をお願いしたい等々でウェイターを呼びたい際に、是非大声でこう言ってみて下さい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング