"地元に原発"8割超が反発

NewsCafe / 2014年2月2日 12時0分

ドイツは福島事故後に超党派で「脱原発」を決定、事故前に17基あった原発のうち8基を閉鎖し、残る9基を2022年までに順次閉鎖していく予定だという。それに伴い自然エネルギーによる電力の比率を、2020年までに35%、2030年までに50%へ増やす目標を立てている。しかし自然エネルギー普及で電気料金は値上がりが続き、対応に苦慮している状態だ。
一方で昨年末、英国が25年ぶりの原発新設計画を発表したほか、中国が原発輸出に積極的な姿勢を見せるなど、世界のエネルギー情勢は大揺れに揺れている。
そんななか、NewsCafeのアリナシコーナーでは「原発を地元に誘致するのはアリ?」という調査が実施されたようだ。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…15.3%】
■都民だが、政治家が自信あるならお台場に作れと言いたい。
■町民が賛成してるならいいと思うけど。
■既にある。早く稼働させて…リスクは同じだよ!!
■現実問題ムリだが仮にそうなっても引っ越さない。
■自分は良いですよ、メリットのが大きいから。
■原発ないと生活水準がやがて保てなくなる。
■雇用が増えて町民助かる。
■電気代70%OFFにして~お願い! 核開発特区推進?
■正確に言うと地元に既に原発があるのでアリを選択しました。

【ナシ…84.7%】
■誰だこんな質問する馬鹿は。
■福島を見ましょう。安全なものではないです。
■原発反対!! 日本からなくして欲しいのに地元になんて駄目。
■何を馬鹿なことを!! 誘致じゃなくて廃絶でしょ!!
■無理。海なし県だから。
■まだ懲りてない御仁がいるとしたらそりゃかなり問題だわ!?
■首都圏に是非とも、どうぞ!
■原発に代わる新しいエネルギーならアリかもね。
■被害にあわれた方々の気持ちを考えて出題しなさい、無神経ですよ。

結果はご覧の通り。地元云々を抜きにしても、原発は減らしこそすれ増やすなど言語道断…という人が大多数だ。世界中に波紋を呼んだ原発事故国の市民としては当然だろう。「既存原発の有効利用と新規誘致は別」など、即座に原発ゼロ決断とまではいかなくても、代替エネルギーを模索しつつ緩やかにでも減少方向へと願う声が寄せられた。
【アリ派】には「地元というより出身地だけど、浜岡だけで十分。活断層で騒いだし」「もうあるよ。しかも、市町村合併のせいで避難区域(怒)」など、すでに地元に原発があるというコメントも多かった。小さな島国である日本が、アメリカ、フランスに続く原発大国…疑念は増すばかりだ。

[文・能井丸鴻]

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング