【ウラ芸能】近藤真彦、6歳長男の人生設計

NewsCafe / 2013年12月25日 15時0分

デスク「ジャニーズの最年長、マッチこと近藤真彦(49)の息子(6)が都内の名門私立小学校に合格したってか」

記者「はい、大学まで一貫教育の小学校なのでもう安心ですね。倍率10倍近くの難関。ペーパーテストはもちろん、行動観察や保護者面接も無事、クリアしたんです」

デスク「マッチはオイラと同世代のアイドルだから気になってたんだ。交通事故で亡くなった母親の遺骨が盗まれた事件は今も未解決だから忘れられないし、結婚した(1994年6月)けどなかなか子供ができなくて、心配してたんだよ」

記者「つらい不妊治療を続けていたものの、45歳になったらもう諦めて、夫婦2人の人生を楽しもうと思っていた矢先の妊娠。早期出産かつ低体重児だったので心配されましたが、名門私立小学校合格のニュースを皆、ストレートに喜んでいます」

デスク「人徳だろうな。マッチ自身はアイドル活動の中で定時制高校をちゃんと卒業し、いまやレーシングチームを運営する会社の社長兼チーム監督な上にジャニーズ事務所役員でもある。学歴より実力、人徳が役に立つという好例だわ」

記者「子育てはけっこうスパルタで、息子が生後6カ月のころから水泳を教え、自転車特訓でも、子供が転んでも『大丈夫?よしよし』なんてことは言わず、『どうするの?泣く?』と聞くそうです」

デスク「ほぉ、そう言うと子供はどんな態度をとるの?」

記者「ぐっと歯をくいしばって『泣かない!頑張る!』と言ってまた自転車にまたがるそうです。サーキットなどいろんなスポーツの現場にも連れて行き、競争の厳しさも体感させているそうです」

デスク「いいねぇ、子供に甘アマのオイラにはできなかったよ。すると息子はやはり高学歴のジャニーズタレント決定か」

記者「マッチ本人は『この世界の厳しさを知っているから息子は別の世界に進んでほしい』と公言しています。息子の夢は今のところ…」

デスク「何、なに?」

記者「パン屋さんだそうです」

デスク「…チーン」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング